1. トップ
  2. ニュース
  3. その日焼け止めで本当にいいの? 肌タイプ診断で真実がわかる!

その日焼け止めで本当にいいの? 肌タイプ診断で真実がわかる!

あの、いきなりなんですけど、

今あなたが着てる服のサイズはなんですか?

Sですか? Mですか? え? ドM?

Emotional portrait of a guy who is trying to hear each other, hipster Style, studio shot.
(このポーズ、どこかで見覚えが…。)

自分に合う服のサイズってだいたい知ってますよね。わからなければ試着すればいいですし。でも日焼け止めって本当に自分に合っているものがわかりますか? 選ぶ基準をちゃんと把握していますか?(するっと本題に入りますね。)

なんとなく知っている方も多いと思うんですが、日焼け止めのパッケージに書かれてあるSPFとかPAというものが、選ぶときの「基準」にあたります。でも実はそのSPFやPAは役割が違っているんです。

SPF=日焼けしたときに赤くなるのを遅らせる指標
PA=日焼けしたときに黒くなるのを遅らせる指標

The mustache drawing sunscreen (suntan lotion) on hipster baby (boy) face. Caucasian smiling, funny child (kid) is holding plastic container of sunscreen on sunny beach. Trendy fashion concept. Copy space, close up.

現状、どんなに強い紫外線防御力を持っている日焼け止めでも、MAXで表示できるのはSPF50+PA++++。でも、「いつなんどきもそのMAXのものを使っていればOK」、というのは少々荒っぽい解釈で…。

数値が低いものの方が肌にやさしい場合が多かったり、数値が高いものは落としづらく、肌トラブルにつながったりする恐れが。なので数値が高いものはレジャーなどの「今日は焼けそう!」っていうときの必殺アイテム的な役割とするのがオススメです。

sunscreen_20150301_3

そこで、日常的にはどれくらいの値のもがいいのかというのが気になってきますが、それは実は一概には言えなくて、あなたの肌タイプによるんです。

あなたの肌は陽に焼けたとき、以下の3つのうち、どの反応を示しますか?
タイプA 常に赤くなり→その後戻るか少し黒くなる
タイプB 時々赤くなり→その後必ず黒くなる
タイプC 赤くならず→その後必ず黒くなる

日本人の肌はだいたいこの3タイプに分けられます。

ということは!

Portrait of attractive female student pointing at bright lamp in the class while wearing glasses

先ほどのSPF・PAの知識と合わせると、タイプAの人はSPF値が高いもの選べばそこまでPAは気にせずともよく、一方、タイプCの人はPAの+の個数が多いものを選べばSPFはそこまで気にしなくてもいいってことがわかりますね! 残念ながらタイプBの人はどちらも気にしましょう。。。

肌タイプ別の日焼け止め選びの目安としてこんな説も。
sunscreen20150301_5
意外にも、そんなに高い数値のものをつけなくてもいいんですね。

ただしこの「紫外線を浴びる時間」を越えたら、またつけなおすことが重要!! 面倒ですけどね。

男女問わず、日焼け対策は将来のシミ予防はもちろん、皮膚ガンの予防にも効果的。肌に合った日焼け止めで、きれいに&健康的な肌を目指しませんか?

Fine-club
image : iStock , Publicdomainvectors.org

(marico)

20170430nechusyo4
暑い夏に向けて熱中症リスクを簡単にチェックできるサービスが登場
2017.04.30

気象庁の発表によると、今年の5月から7月は全国的に暖かい空気に覆われやすく、気温も平年並か高い見込みだそうです。暑い夏が苦手は筆者は今から戦々恐々です。 さて、暑い季節に注意しなければいけないのは熱中症。毎年5万人以上の…

もっと見る
Set of 15 insect icons
今にわかに注目される昆虫食の全貌とは?
2017.04.22

突然ですがみなさんは虫、食べたことありますか? 昔上司だったアメリカ人プログラマー(趣味:グルメ旅、好物:大トロとウニ)は、今までの人生で一番おいしかったものが、タランチュラの素揚げだと言っていたことが忘れられません。エ…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ