1. トップ
  2. ヘルスケアガジェット
  3. 歩数や消費カロリー。ぜ~んぶ指輪で管理できちゃう時代になりました

歩数や消費カロリー。ぜ~んぶ指輪で管理できちゃう時代になりました

20160609charming2

小さければ小さいほど、いいんです。

最近はスマートウォッチやブレスレット型のアクティビティトラッカーなど、私たちの体の状態やスポーツをアシストしてくるガジェットがいろいろ登場しています。

しかし正直言いまして、スマートウォッチやアクティビティトラッカーってゴツいんですよね…。スマートウォッチがいまいち普及しない理由も、できる機能に対するサイズの大きさが原因の1つである気がしてなりません。

日々の体調やアクティビティは管理したいけど、身に付けるデバイスは小さければ小さいほどいい…。それなら、ZTEが「MWC(モバイル・ワールド・コングレス)」で披露した指輪型アクティビティトラッカー「ICharming R1」はいかがでしょう?

20160609charming1

ICharming R1はこんなに小さな本体の中に3軸の加速度計を内蔵しており、ユーザーの歩数や移動距離、消費カロリーを測定することができます。

さらに運動のゴールを設定したり、緊急時には「SOSのアラート」を発することも可能! 例えば暗い夜道を一人でランニングする…というシチュエーションでも、安心して利用することができます。

そのほかにも、ジェスチャーコントロールでスマートフォンからセルフィーを撮ったり、着信やメッセージがあればLEDが点滅する…など、ICharming R1はかなり多機能。現状のスマートウォッチやアクティビティトラッカーができる多くの機能をこなすことができます。指輪サイズでここまでできるなんて、技術は進歩しましたね〜。

宝石部分はジルコニア、指輪部分はシルバーでできており、カラーはゴールド/ブラウン/バイオレット/ローズ/ブルー/ネイビーの6色。バッテリーは1週間持ちます。

対応スマートフォンはiPhoneとAndroidの両方で、予想価格は約200ドル(約23000円)ほど。製品の登場時期については2016年内に発表される予定です。

ICharming R1は指にはめるとすこ~し目立つサイズのような気もしますが、こんな小さな指輪でさまざまなアクティビティ情報がわかるなんておもしろいですね! 男性用の指輪とかも、出ないのかな〜。

[Wareable]
image:AliExpress

(塚本直樹)

20170125snorecircle
いびきで恋人の安眠を妨害したくない人、耳につけるだけの「Snore Circle」で改善してあげよう
2017.01.25

いびきは自分では気づきにくいもので、改善意識を持ちにくいですよね。でも、毎晩パートナーに負担をかけているかと思うと直さないといけないなあ。 今、恋人がいない人も、独り身だからいいやと思わず、そんな存在ができた時のためにも…

もっと見る
20170120smartbelt
ベルトの穴が広がっていく人は、スマートベルト「WELT」でデジタル管理するといいのではないでしょうか
2017.01.20

ベルトでウェスト測定しています。 上の写真みたいに、ベルトの穴が広がっていきますよね。それを見て、ああ太ってきたな、と。次の穴に移動しなきゃ、みたいな。 そんなアナログな方法で計測してどうするんだ、自分でも思っているわけ…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ