1. トップ
  2. ヘルスケアガジェット
  3. ナイキの「自動靴ひも締めシューズ」なら、ランニングがもっと楽しくなる!?

ナイキの「自動靴ひも締めシューズ」なら、ランニングがもっと楽しくなる!?

160317nnike1

名作映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を象徴するものといえば、ホバーボードと「自動で靴ひもが締まるシューズ」。マーティーがバック・トゥ・ザ・フューチャー2で靴ひもが勝手に締まるのに驚く様子に、私たちもドキドキ・ワクワクしたものです。

時は経ち21世紀となった今、なんとナイキ自動で靴ひもが締まるシューズ「HyperAdapt 1.0」を発表してくれました! しかも以前発表されたオークションで販売される「Nike Mag」とは違い、こちらは「Nike+」のメンバーなら購入可能! とうとう映画の中の未来が、僕達の足元にやってきたってことですね!

HyperAdapt 1.0はかかとの部分にセンサーが入っており、靴を履くと自動で靴ひもが締まります。また左右には調整用のボタンがあり、締り具合を調整することも可能です。かかとのピカピカ光るランプがかっこいいぞ!

例えばランニングを行なう前に、私たちは靴を履き、靴ひもを締めて結ぶという一連の動作を行ないます。この靴ひもを結ぶ時間はランニング前の儀式みたいである意味楽しいのですが、やはり毎日毎日結ぶのは面倒くさいものです。

でも「HyperAdapt 1.0」なら、玄関にあるシューズに足を突っ込むだけでOK! 靴ひもの締め具合をあらかじめ調整しておけば、シューズの装着にかける時間はほんのわずかで済みます。これなら眠い朝でも気軽にランニングを始められますし、さらにはランニングに行く回数も増えそうです。僕みたいな面倒くさがり屋でも、こんな楽しいシューズがあったらついついランニングに行きたくなるかも?

160317nnike2

160317nnike3

HyperAdapt 1.0はブラック/グレー/ホワイトの3色が登場し、発売時期は今年のホリデーシーズン(年末)となっています。価格は未定。高くならないといいんだけど、いくらぐらいかなぁ…。

[ナイキ]

(塚本直樹)

大切な人を身近に感じられるIoT鳩時計「OQTA」
2018.03.06

家族を身近に感じられる素晴らしいサービス。 OQTAは、大切な人を思い出したときに、スマホアプリからボタンをタップすると、大切な人の元にある鳩時計が鳴るという一見単純なプロダクトです。とはいえ、実物を見るとちょっと感動を…

もっと見る
邪魔にならないバランスボールがあったらいいのに…そんな希望を叶えてくれるジェリーフィッシュチェアって?
2018.02.21

座りながらエクササイズができると話題になったバランスボールを、買ったことや使ったことがある方、一度は目にしたことがあるという方は多いはず。 わたしの周りでは自宅でのエクササイズ用の他に、オフィスチェアとして使っている方も…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ