1. トップ
  2. ヘルスケアガジェット
  3. 赤ちゃんを持つご両親も、すやすや寝て欲しい…を実現するベビー服

赤ちゃんを持つご両親も、すやすや寝て欲しい…を実現するベビー服

20160329nb1

赤ちゃんのお世話で大変なのが、眠るタイミングが大人とは違うこと。赤ちゃんが数時間おきに起きるので、それに合わせてずっと寝不足だった…みたいな子育ての苦労話もよく聞きます。

そんな頑張るお母さんやお父さんを少しでも楽にしてあげたい…せめて、少しでも長く寝て欲しい…そんな願いからこのベビー服「Mimo」は誕生しました。

20160329nb2

このお腹の部分にカメ型のセンサーをあしらったベビー服「Mimo」は、ボストンのスタートアップのRest Devicesが開発しました。

このセンサーは赤ちゃんの呼吸や動きを読み取り、睡眠のパターンや質を判断します。そしてスマートフォンのアプリにBluetooth経由で赤ちゃんの情報を送信します。

20160329nb3

そして両親は赤ちゃんが動き出したり、あるいは起きたことをアラートで知ることができます。つまり、アラートが鳴るまではしっかりと睡眠時間を確保したり、リラックスする時間を確保できるってわけですね!

またRest Devices創業者のDulcie Madden氏は、この亀形のセンサーが赤ちゃんの睡眠を邪魔することは無いと説明しています。ちょっとゴツゴツしてるけど、そうなのかな?

20160329nb4

Mimoのベビー服オーガニックコットンでできており、赤ちゃんのお肌にも優しいのが嬉しいですね!

価格は服の枚数によって異なります。センサーとベビー服3枚のセットなら199ドル(約2万2000円)、センサーとベビー服5枚のセットなら229.98ドル(約2万6000円)。

小さな赤ちゃんのお世話で一番大変なことの一つは「眠れないこと」なんて聞きますし、Mimoでご両親が少しでもゆとりのある子育てができることを祈って。

[CNN Money]
image: Mimobaby

(塚本直樹)
 

20170125snorecircle
いびきで恋人の安眠を妨害したくない人、耳につけるだけの「Snore Circle」で改善してあげよう
2017.01.25

いびきは自分では気づきにくいもので、改善意識を持ちにくいですよね。でも、毎晩パートナーに負担をかけているかと思うと直さないといけないなあ。 今、恋人がいない人も、独り身だからいいやと思わず、そんな存在ができた時のためにも…

もっと見る
20170120smartbelt
ベルトの穴が広がっていく人は、スマートベルト「WELT」でデジタル管理するといいのではないでしょうか
2017.01.20

ベルトでウェスト測定しています。 上の写真みたいに、ベルトの穴が広がっていきますよね。それを見て、ああ太ってきたな、と。次の穴に移動しなきゃ、みたいな。 そんなアナログな方法で計測してどうするんだ、自分でも思っているわけ…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ