1. トップ
  2. ヘルスケアガジェット
  3. 問題は、お酒を飲みながら使えるかどうかだ。飲み過ぎを教えてくれる「TISPY」

問題は、お酒を飲みながら使えるかどうかだ。飲み過ぎを教えてくれる「TISPY」

20160330nal1

次の日後悔しちゃうの、いやですよねぇ。

4月はお花見や歓迎会など、何かとお酒を飲む機会が多いもの。自分の飲酒ペースがわかっていれば楽しいですが、残念ながらついつい飲み過ぎて痛い目を見る…なんて人も多いんじゃないでしょうか?

お酒の飲み過ぎは二日酔いにつながるだけでなく、度が過ぎれば急性アルコール中毒、あるいは長期的にはアルコール依存症にもつながる怖い習慣。そんな貴方の「ちょうどいいお酒の切り上げ時」を教えてくれる賢いガジェット「TISPY」東芝から登場しました。

TISPYのカシコイところはただのアルコール検知器ではなく、「学習型」のデバイスだということ。飲酒中のデータや二日酔いになったかどうかを入力することであなたのお酒のペースを学習し、「ペースを抑えて」「水を飲みましょう」なんてアドバイスしてくれるんです。まるで、賢い秘書さんと一緒に飲んでいるみたい。

ちなみに、アルコール血中濃度の目安は、0.02〜0.04%がさわやかな気分になる爽快期。ほろ酔い期は0.05〜0.10%。0.11〜は酩酊になります。詳しくは飲酒の基礎知識を参照のこと。

20160330nal2

TISPYは「計測機能」「計測タイミングのお知らせ」「酔いさめ予測タイマー」の3つの機能で、あなたの飲酒をサポート。特に酔いさめ予測タイマーを使えば、遠くの家まですっきりした状態で帰れる程度に切り上げる…なんて応用もできそうです!遠くの家に帰ることはほとんどないですけどね。

20160330nal3

内蔵するSDカードには貴方の飲酒データを蓄積。さらにWi-Fi機能つきのフラッシュカード「FlashAir」を利用すれば、スマートフォンと連携したwebアプリを利用して、自分の飲酒データをグラフィカルに閲覧できます。このWebアプリのインターフェイス、やたらかっこいいですね…。これを見るためだけにちょこちょこ飲んでしまうかも?

20160330nal4

TISPYは6月末までクラウドファンディングサイトで開発資金を募集中なのですが、現時点でもう780万円以上の資金が集まっているとのこと…。どえらい人気です。

購入コースはさまざまで、通常価格コースの場合はSDカードとのセットが9000円FlashAirとのセットが9800円となっています。商品の配送時期は今年の10月中です。

1万円弱で自分の正しい飲み方がわかるなら、個人的にはぜひ購入して試してみたいなと思いました!

ただし、TISPYには一つだけ注意点があります。それは、TISPYの酔いさめ機能などはあくまでも予測であり、「自動車の運転の可否を判断するものではない」ということ。飲んだら乗るな。これはお約束です。

[詳しくはMakuakeで]

(塚本直樹)

20170125snorecircle
いびきで恋人の安眠を妨害したくない人、耳につけるだけの「Snore Circle」で改善してあげよう
2017.01.25

いびきは自分では気づきにくいもので、改善意識を持ちにくいですよね。でも、毎晩パートナーに負担をかけているかと思うと直さないといけないなあ。 今、恋人がいない人も、独り身だからいいやと思わず、そんな存在ができた時のためにも…

もっと見る
20170120smartbelt
ベルトの穴が広がっていく人は、スマートベルト「WELT」でデジタル管理するといいのではないでしょうか
2017.01.20

ベルトでウェスト測定しています。 上の写真みたいに、ベルトの穴が広がっていきますよね。それを見て、ああ太ってきたな、と。次の穴に移動しなきゃ、みたいな。 そんなアナログな方法で計測してどうするんだ、自分でも思っているわけ…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ