1. トップ
  2. ニュース
  3. アイメイクひとつで、頭痛・肩こり・腰痛まで解消する!?

アイメイクひとつで、頭痛・肩こり・腰痛まで解消する!?

暑い。とにかく暑すぎる…。

自分でもびっくりするほど季節を先取りした夏バテをしてました。今日は涼しいですけどね。

何もする気がしないので、ダラダラとテレビ番組表を眺めていたら、今日のNHK総合で放送される『ガッテン』のテーマが「医学がお勧め!メークで体が若返る劇的ワザ」。説明文には、「目にあるメークをするだけで、頭痛・肩こり・腰痛が改善!」って書いてあるじゃないですか…。なにその魔法みたいなワザ!

私肩こりも頭痛も腰痛もあるから、メイクで綺麗になるうえに体まで楽になるなんて最高〜! と、夏バテのだるさを吹き飛ばす俊敏さで録画予約ボタンをポチリ。

でも、考えれば考えるほど不思議です。メイク(とくにマスカラ、つけまつげ、まつエクなどのアイメーク)は目の周りの筋肉に負担をかけるから、肩こりや頭痛に繋がる可能性があるって、美容が好きな女性なら一度は耳にしたことがあるはず。メイクで逆にそれを解消するって…何だろう? 放送まで待てない! と、いろいろ考えを巡らせてみました。

そうしたら、ピコーンって思いついたことが1つ。
「あ、もしかして、眼瞼下垂(がんけんかすい)?」

全身の不調にもつながりうる眼瞼下垂(がんけんかすい)

Detail of woman's face

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、老化や過度なメイクによる負担などが原因で、上まぶたを持ち上げる筋肉が弱ってしまい、まぶたがたるんで下がってしまうこと。そうすると、見た目が老けてしまうのはもちろん、視界が狭まってしまうので、頭や肩のいろんな筋肉に負担がかかって凝りや痛みが生じたり、全身の様々な不調につながったりします。程度がひどい場合は、保険適用での治療も可能です。

もしかしたら、この眼瞼下垂(がんけんかすい)をメイクで緩和するのがキモなのかも!

眼瞼下垂を緩和するメイクアイテムって?

問題は、それをどうやってメイクで緩和するのかってこと。

アイラインをばっちりひいたり、カラフルなシャドウを塗ったりしたところでまぶたは上がらないからなぁ…。マスカラたっぷり塗ったら、むしろ瞼下がっちゃう。
ん? 瞼をあげる? もしかして、あれだ! 女子のメークの飛び道具、二重まぶた用アイテム

186441_xl
(ザ・ダイソー のび~る アイテープ 絆創膏タイプ)

私は左右の目の形が微妙に違っているのがいやで、中学生の頃、目もと専用の液体ノリで片目の二重の幅を調整していました。いまでは開き直って放置してますが、10代から20代の女子の間では、二重まぶた用アイテムは目をぱっちり大きくするために、とっても身近な存在みたい。化粧品の口コミサイトでもたくさんの商品に口コミが寄せられています。

液体タイプ、テープタイプがあって、好きな位置に、好きな幅で二重が作れるんだから、アイメークの強い味方ですよね。品質もどんどん改良されて、目元に使っていても目立たないものがほとんどなよう。この二重まぶた用アイテム、眼瞼下垂(がんけんかすい)の緩和に使えそうじゃないですか?

二重を作る(すでに二重の方は、さらに大きい二重をつくる)ということは、その分まぶたが持ち上がります。下がってしまった瞼が上にあがるので、目がぱっちり大きく、つまり視界が広くなる! すると、頭や肩の筋肉にかかっていた負担が減って、肩こり、頭痛、腰痛が楽になると考えられます。お手軽だし、画期的…!

しかも、下がったまぶたが上がると、見た目もとっても若くなります。一石二鳥、いや三鳥、四鳥? 二重まぶた用アイテム、これからも幅広い世代の女性の味方ですね。

若い頃のメイクのやり過ぎには注意

最近は、女性の目ヂカラを上げるためのアイテムがたくさんありますよね。どんどん進化するマスカラ、つけまつげ、まつエク…。キレイになりたい女ごころでガッツリ使いたくなるけど、やりすぎアイメイクがまぶたのたるみの原因になることも。二重まぶた用アイテムも、若いうちから日常的に使いすぎると、将来眼瞼下垂(がんけんかすい)につながる可能性もありそうです。

わかってる、でも綺麗でいたいの…。そうですよね、板ばさみで苦しいところ。でも、自分のナチュラルな状態での「キレイ」を保つためにも、肌や目元を休める日をつくったり、日によって加減したり、キレイと元気のバランスだいじ!

さーさーこの予想は当たっているのか…。ガッテンの放送を見て答え合わせしましょう。

[ガッテン-「医学がお薦め!メークで体が若返る劇的ワザ」,@cosme-二重まぶた用アイテムランキング]
image:iStock

(吉原由梨)
 

20160222belt-2
セクシー、だけじゃないの。ガーターベルトで蒸れ知らずの快適革命を
2017.02.20

「セクシー」「エロい」「コスプレ」「不二子ちゃん」 ガーターベルトのイメージを周りに聞いてみたら、だいたいそんな答え。 ま、そうだよね。私もガーターベルトデビューする前はそう思ってました。色気を醸したいとき用のランジェリ…

もっと見る
Nosebleed
実は意外とみんな間違えている。鼻血の正しい対処方法を知っておこう!
2017.02.15

チョコ食べ過ぎて鼻血出た! …なんて、モテモテだった殿方はいるのでしょうか。 でも意外と、会社に勤めていたりすると、職場の女性からももらったりと、たくさんチョコレートを持って帰った方も多いかもしれませんね。 「チョコレー…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ