1. トップ
  2. ニュース
  3. どっちも大事!立ちも座りも健康リスクに差はないとイギリス研究チームが発表

どっちも大事!立ちも座りも健康リスクに差はないとイギリス研究チームが発表

20151013standingdesk_health

僕の腕に巻かれているApple Watchは、立て立てと催促してきます…。

イギリスのエクセター大学とロンドン大学の共同チームが16年間にわたり調査を実施。研究論文を国際疾病ジャーナルに発表しました。その内容によると、「座っていることは、定期的に運動する限り、立っていることに比べて有害な影響は皆無」とのことです。

仕事をする際、立ち仕事用のスタンディングデスクを使ったオフィスが増えていますが、これらスタンディングデスクの健康効果に対して疑問を投げかけた形ですね。

エクスター大学スポーツ健康科学部のメルビン・ヒルズドン氏は以下の様にも話しています。

座っていようが立っていようが、同じ姿勢で動かないことは、エネルギー消費が低く、健康に有害である可能性がある

こういった発表がされたことによって「スタンディング仕事」はなくならないと思いますが、適度に運動することは心がけたいですね。

AFPBB News
Photo : flickr

Stacks of coins in a decrease financial concept.
とりあえず、30万円? 病気になったら出て行くお金はこれだけある
2017.09.27

病気になった時、いくらお金がかかるか考えたことはありますか? 病院に行くのであれば、診療費や医薬品費はもちろんのこと、交通費もかかるかもしれません。入院することになったらさらにお金が必要ですよね。 今日はちゃんと考えたこ…

もっと見る
20170430nechusyo4
暑い夏に向けて熱中症リスクを簡単にチェックできるサービスが登場
2017.04.30

気象庁の発表によると、今年の5月から7月は全国的に暖かい空気に覆われやすく、気温も平年並か高い見込みだそうです。暑い夏が苦手は筆者は今から戦々恐々です。 さて、暑い季節に注意しなければいけないのは熱中症。毎年5万人以上の…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ