1. トップ
  2. ヘルスケアガジェット
  3. マッサージやいびき予防まで。革新的に進歩したIoTマットレス「Balluga」

マッサージやいびき予防まで。革新的に進歩したIoTマットレス「Balluga」

20160620nbed1

IoTの技術がマットレスにまで。

マットレスと言えば、値段で品質が決まるもの。ええ、私もそう思っていました。値段が高いマットレスほど、いいスプリングや生地を使っていてって…。まぁそれも確かです。しかし、テクノロジーの力が進歩したことで、これまで以上に快適なマットレスが完成しました。

アメリカ企業のBalluga Limitedが開発したマットレス「Balluga」。このマットレス、硬さの調整、温度の調整、マッサージ機能、睡眠管理、いびき防止といった、今までに考えられないくらいさまざまな機能を搭載しています。

Ballugaの内部にはボールのような空気のバネがたくさん入っています。これらが人間の体を検知し、どんな姿勢でも快適に眠り続けられるように、体に合わせてマットレスの形状が変化するようになっているんです。

20160620nbed2

例えば2人で寝る時、体重の差によって好みのマットレスの硬さが異なることもあるでしょう。そんな時、Ballugaは左右異なるマットレスの硬さに調節可能。さらにマットレス内の温度を左右別々に設定することもできます。

20160620nbed3

タイマー付きのマッサージ機能では、バイブレーションにより、筋肉をリラックスさせ、よりよい眠りへと促してくれます。頭の下にあるマイクでいびきを感知し、枕の位置を上下させいびきを止めようとしてくれることも。さらに記録した体温や心拍数から自動で最適な設定をし、ユーザーを快眠へと誘うことができるのです。

本当のところ、どれだけ快適なのかはちょっと想像つきませんが、こんなに魅力的な機能を搭載しているのなら、一度は試してみたいかも。ちなみに上記で説明したこれらの操作は、すべてスマートフォンアプリで対応するようになっています。

Ballugaは現在クラウドファンディングサイトのIndieGoGoで開発資金を募集中。現時点では1299ドル(約14万円)でシングルサイズ、1799ドル(約19万円)でダブルサイズ、2095ドル(約22万円)でキングサイズのマットレスが手に入ります。製品の出荷時期は2016年10月を予定。なんと、日本への送料は無料とのこと。

デジタルの力で素晴らしい眠りを約束してくれるBalluga。どんな眠り心地なのかとっても気になりますね!

[IndieGoGo]

(塚本直樹)

20170125snorecircle
いびきで恋人の安眠を妨害したくない人、耳につけるだけの「Snore Circle」で改善してあげよう
2017.01.25

いびきは自分では気づきにくいもので、改善意識を持ちにくいですよね。でも、毎晩パートナーに負担をかけているかと思うと直さないといけないなあ。 今、恋人がいない人も、独り身だからいいやと思わず、そんな存在ができた時のためにも…

もっと見る
20170120smartbelt
ベルトの穴が広がっていく人は、スマートベルト「WELT」でデジタル管理するといいのではないでしょうか
2017.01.20

ベルトでウェスト測定しています。 上の写真みたいに、ベルトの穴が広がっていきますよね。それを見て、ああ太ってきたな、と。次の穴に移動しなきゃ、みたいな。 そんなアナログな方法で計測してどうするんだ、自分でも思っているわけ…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ