1. トップ
  2. 食事
  3. 理想的な主食。「全粒穀物」を1日最低70g食べると寿命が延びる

理想的な主食。「全粒穀物」を1日最低70g食べると寿命が延びる

誰だって長生きしたい!

そのためになるべく体を動かしたり、栄養バランスよい食事を摂ったりするなど、健康志向の方は体に気を使いますよね。私も食事には気を使うようになりましたが、食生活の改善は時間と手間がかかるものだなぁと実感することが多いんですよね。

そんなことを考えていたときに、ふと見つけたのがマクロビオティックの主食・全粒穀物を食べる寿命が延びるという内容のアメリカのジャーナル誌の記事。

マクロビオティックとは、長寿法という意味です。詳しく説明すると、全粒穀物を中心に、季節ごとの野菜や海藻などをバランスよく組み合わせた食事を摂ることで、自然と調和をとりながら生きていこうという生活スタイルのことなんだそう。

ちなみに全粒穀物とは、玄米や雑穀などの精製されていない穀物。全粒穀物を摂ることで不足しがちな食物繊維を豊富に摂取でき、コレステロール値や血圧を下げる効果があります。

1984年から2010年にハーバード公衆衛生大学院によって行われた調査によると、1日に全粒穀物を28g以上食べた人は糖尿病の発症リスクが35%も減少すると報告されています。それだけではなく、1日最低70gの全粒穀物を摂取していた人は下回る人に比べて死亡率が22%、循環系疾患の死亡者数は23%、またガン死亡者数は20%も低いという研究結果も出ています。

全粒穀物を70g摂る人と摂らない人とでこんなにも差が出るんですね。すぐにいつもの食事を全粒穀物に変えることは難しいと思うので、白米を玄米に変えてみたり、パンを全粒穀物のものに変えてみたりするなど、生活の中に少しずつ穀物を取り入れるとよいのかも。

数十年後も元気でいるために、食生活を変えていきたいですね。

[MAG2NEWS , 保健指導リソースガイド]
image:iStock

(中野博子)

大人が気をつけたい健康ポイント28個
30歳の大人になってから、改めて大事だと気づいた健康のこと28個
2017.06.28

当たり前のことができれば、苦労しないんですけどね。 最近では、睡眠というワード1つ取っても睡眠負債という新しい言葉が出てきました。それに、7時間睡眠したほうが体には良いという研究結果もニュースになっています。 体にまつわ…

もっと見る
Glass bowl with walnuts on rustic homespun napkin. Healthy snack on old wooden background.
大きな声では言えませんが、ウォールナッツってなに? と思っているあなたへ
2017.04.24

  キヌア、アマランサス、チアシード、ミドリムシ。昨今のスーパーフードブームで耳慣れない身体にいいとされる食べ物が増えて、実はついていけていないという人、案外多いと思います(というか自分)。 そんな中、ウォール…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ