1. トップ
  2. ニュース
  3. 肌老化の一番の原因。紫外線やブルーライトが肌にもたらす影響って?

肌老化の一番の原因。紫外線やブルーライトが肌にもたらす影響って?

こわ〜い、こわ〜いシミ。

紫外線が気になる季節になってきましたね。女性の方はしっかり日焼け止め、塗ってますよね? ご存知かもしれませんが、肌の老化の80%は、紫外線による光老化が原因と言われています。

でも、太陽から発せられる「〇〇線」というものがすべて紫外線ではないということ、みなさんわかってらっしゃいます? 化学の授業でやったけど、いまいち覚えてないかもっていう方、意外と多いはず。

太陽から発せられるたくさんの電磁波

赤外線紫外線。世の中、目に見えない「」ってたくさんあります。太陽から発せられる「〇〇線」と呼ばれる電磁波を、ざっくりと波長の長さで分けると以下の通り。

・ガンマ線
・X線
・紫外線
・可視光線
・赤外線

「〇〇線」と呼ばれるものはこんなにあるんです。波長が短ければ短いほど、肌への影響は大きくなります。この中うち、一番波長の短いガンマ線~紫外線の一部は地表に届きません。赤外線についてそこまで「肌に悪い」と聞かないのは、波長が長いからなんだそう。

肌の老化を加速させる「紫外線」

その中でもこの時期特に怖いのが、存知の通り「紫外線」。日焼けはもちろん、肌がヒリヒリと炎症を起こしたり肌を構成するコラーゲンを破壊したりと、美容の敵です。

そんな紫外線、細かく分類すると、以下3つに分けられます。

紫外線A波…紫外線の中で一番肌の奥まで届き、シワやたるみといった肌老化を招きます
紫外線B波…肌が赤くなる炎症を引き起こし、シミ、そばかすの元となるメラニン色素を作ります
紫外線C波…B波より有害ですが、通常肌に届くことはありません

この紫外線をガードしてくれるのが、ご存知の通り日焼け止め。ちなみに日焼け止めに記載されている「SPF」が紫外線B波に対する防御力を示し、「PA」は紫外線A波を防止する効果の高さを表しています。詳しくはこちらをご覧ください。

「ブルーライト」も肌に悪影響を及ぼす

また近年話題を呼んでいる「ブルーライト」。

このブルーライトですが、実は可視光線の中で一番紫外線に近い波長であり、強いエネルギーを持っています目に悪いというのは周知の事実。

日食が起きたとき、「太陽を直接見てはいけません」と注意喚起されていました。これは強烈な光によって網膜がダメージを受けてしまうから。ブルーライトも、角膜や水晶体で吸収されずに網膜にまでしっかり届いてしまうんです。この予防として、ブルーライトカットメガネを使っている方は多いはず。

さらにブルーライトは、紫外線よりも肌の深部へ届くことが判明。色素沈着、つまり「しみ」を引き起こす可能性が指摘されています!

じゃあ、紫外線予防のために使ってる日焼け止めを塗ればいいよね? と思いますが、残念ながらブルーライトは紫外線と波長が違うので、普通の日焼け止めではガードできません。だからこそ最近、「ブルーライトもカットできる!」とうたった化粧品が多いんですね。

そして一番のブルーライトカット方法は「寝る前スマホ」を止めること。寝る前ってお化粧をしてないし、メガネもかけていない、一番無防備な時間です。まさに寝る前にこれを読んでくださっているのならば、すみやかにおやすみくださいませ…。

そして毎日、日焼け止めを顔と体にしっかりと塗ってからお出かけを! 紫外線、ブルーライト、それぞれに合った対策が大切ということですね。みなさん、将来のお肌のために、今からきっちりガードしていきましょう。

[Suits-woman.jp , ブルーライト研究会 , ドクターシーラボ]
image:iStock

(三谷アイ)

20170430nechusyo4
暑い夏に向けて熱中症リスクを簡単にチェックできるサービスが登場
2017.04.30

気象庁の発表によると、今年の5月から7月は全国的に暖かい空気に覆われやすく、気温も平年並か高い見込みだそうです。暑い夏が苦手は筆者は今から戦々恐々です。 さて、暑い季節に注意しなければいけないのは熱中症。毎年5万人以上の…

もっと見る
Set of 15 insect icons
今にわかに注目される昆虫食の全貌とは?
2017.04.22

突然ですがみなさんは虫、食べたことありますか? 昔上司だったアメリカ人プログラマー(趣味:グルメ旅、好物:大トロとウニ)は、今までの人生で一番おいしかったものが、タランチュラの素揚げだと言っていたことが忘れられません。エ…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ