1. トップ
  2. ヘルスケアガジェット
  3. 体作りの良きパートナー「SIXPAD」を1ヶ月使ってみた!

体作りの良きパートナー「SIXPAD」を1ヶ月使ってみた!

IMG_1952

僕はいつまでも健康な体でいたい。

そのため、日々のトレーニングは欠かすことができない。だが可能であれば、もう少し効率的に体を鍛えたいという想いがある。そこで、サッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドでお馴染み、EMSトレーニングギア「SIXPAD」を試してみることにした。

装着するだけでOKの手軽さ

20160718sixpad1

SIXPADは「EMS」を利用した筋肉トレーニングギアだ。だがそもそも、EMSとは何か?

EMSとは「Electrical Muscle Stimulation」を略したテクノロジーの名前である。本来筋肉は、脳からの電子信号で動き、結果的に筋肉を鍛えることに繋がる。しかしEMSは、体に直接トレーニングギアを付け、電気の力で筋肉を刺激し、鍛えることができるのだ。

つまりSIXPADが動作している間は、トレーニングと全く関係ないことを行っていても、筋肉を鍛えることができるということ。まさに「ながらトレーニング」するために最適なアイテム。それこそ、僕が求めていたトレーニング器具である。

SIXPADはトレーニング効果が高い20Hz周波数を使う

SIXPADは今までのEMSを利用したトレーニングギアと何が違うのか。

EMSと言われてピンと来る人は少ないかもしれない。だが、お腹に直接付ける腹筋マシーンアブトロニック」と言えば、少しはイメージが湧くのではないだろうか?

少し難しい話になってしまうのだが、SIXPADは筋力の張力が保たれ、多くの酸素を消費する20Hz周波数の刺激を筋肉に与えることによって、効率的なトレーニングを可能にする。反対に一般的なEMS機器は、20Hzよりも高い周波数を使っているため、筋肉が疲れてしまい、あまり効果的なトレーニングにならないそうなのである。

つまりSIXPADは他のEMS機器より、効果的なトレーニング成果が望めるということだ。

SIXPADのトレーニング内容と時間

高電導ジェルシートを貼ったSIXPAD

仕事や家事、読書やテレビを見ながら、ながらトレーニングを可能にするSIXPAD。そして物自体がコンパクトで持ち運びが容易であるため、出張先や旅行先でも気兼ねなく使うことができる。

鍛えたい部位に貼り、ボタンを押せば23分間のトレーニングプログラムが自動的に開始される。強度は15段階で調整可能。皮膚との装着面には専用の高電導ジェルシートが貼り付けられているので剥がれ落ちてくる心配もない

SIXPADには、腹筋用の「Abs Fit」と、脇腹や二の腕など気になる部位を集中的に刺激することができるBody Fit」の2種類のトレーニングギアが用意されている。組み合わせることによって理想の体を手に入れることができるようだ。

実際に1ヶ月間使い続けて効果を試す!

実際SIXPADを使ってどれぐらい体が引き締まるのだろうか?

変化がすぐに現れないことを承知の上で、日頃のランニングやトレーニングにSIXPADを加えることによって、どこまで追い込むことができるのかを、己の体で実験してみた。

20160718sixpad2

SIXPADを使い続けて1ヶ月。

こうして原稿を書きながらでも、腹筋を鍛えられる。1日2日で結果が出ないことは分かっていたが、1ヶ月も続けていれば、何かしら結果が出るかもしれない。クリスティアーノ・ロナウドの引き締まった体を拝みつつ、密かに期待していた自分がいた。

今回僕が期待したのは、SIXPADを使うことによって、日頃のトレーニング時間を短縮でき、その時間を仕事に充てられるのではないかということ。健康的な体で仕事もバリバリできるーーそんな自分を夢見て1ヶ月間試してみた。その結果をレポートする。

筋肉が鍛えられていると実感あり

20160718sixpad3

結論から言うと、僕の場合、筋肉は鍛えられているという実感はあった。

だが、腹筋がバキバキに割れるということはない。よく考えれば、当たり前のことであるんですが。腹筋のみやり続けてもお腹は割れない。それと同じで、SIXPADを毎日続けたとしても、腹筋がバキバキになる可能性は限りなく低かったのだ。目標が高すぎたのかもしれない。

人間の体は3ヶ月掛けて生まれ変わると聞く。僕がSIXPADを継続して1ヶ月。タンパク質重視の食事管理をはじめたのはたった2週間前。1ヶ月では目に見える効果は得られなかったが、2ヶ月目、3ヶ月目で何かしら変化があるかもしれない。

僕は普段からランニングをし、軽いトレーニングも健康管理の一貫として行っている。SIXPADを使い始める前から運動することは習慣になっていた。目に見える効果はなかったものの、確かにSIXPADを使った後は、お腹が軽い筋肉痛になっていたことは事実。確実に筋肉が鍛えられているという実感はあった。

大切なのは、やはりSIXPADと一緒にほかの運動と並行して行うこと。そして効果を最大限にしたいのならば、同時に食事管理もしっかりと行うこと。

最後に、SIXPADだけで痩せよう鍛えようとするのではなく、日頃から運動する習慣があり、食事に気を使うことができる人は、SIXPADは体づくりにおける良きサポーターになってくれるのではないかと思う。ご興味ある人は、運動や食事制限などとともに、ぜひ自分なりのペースで試してみて欲しい。

[TRAINING GEAR SIXPAD(トレーニングギア シックスパッド)]

g.O.R.i

20170125snorecircle
いびきで恋人の安眠を妨害したくない人、耳につけるだけの「Snore Circle」で改善してあげよう
2017.01.25

いびきは自分では気づきにくいもので、改善意識を持ちにくいですよね。でも、毎晩パートナーに負担をかけているかと思うと直さないといけないなあ。 今、恋人がいない人も、独り身だからいいやと思わず、そんな存在ができた時のためにも…

もっと見る
20170120smartbelt
ベルトの穴が広がっていく人は、スマートベルト「WELT」でデジタル管理するといいのではないでしょうか
2017.01.20

ベルトでウェスト測定しています。 上の写真みたいに、ベルトの穴が広がっていきますよね。それを見て、ああ太ってきたな、と。次の穴に移動しなきゃ、みたいな。 そんなアナログな方法で計測してどうするんだ、自分でも思っているわけ…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ