1. トップ
  2. ニュース
  3. 痔の患者さんの半数以上を占める「いぼ痔」に迫る!

痔の患者さんの半数以上を占める「いぼ痔」に迫る!

20160108di2-1024x683

いぼ痔、もう絶対なりたくない!

いぼ痔の正式名称は痔核と言います。 痔には多くの種類がありますが、痔になる方の大多数はいぼ痔なんです。

いぼ痔はその名の通り、肛門にいぼができます。いぼができる場所によって内痔核、外痔核と名称が異なります。 そして、いぼ痔が進行すると進行具合に合わせて、いぼが大きくなります。そして、最後にはいぼが内痔(脱肛)します。こうなると手術をしていぼを除去するしかないんですね。

いぼ痔は放っておくと、治すために手術が必要になってしまいます。ですが、速めに対処することで未然に予防することができるので、なんで肛門に「いぼ」ができてしまうのか、まずはそこから解説していきたいと思います。

いぼ痔の発症メカニズム

お尻の穴の出口はプニプニした部分でフタがされています。このフタには沢山の静脈が張り巡らされていて、血液の循環によって硬くなったり柔らかくなったりすることによって、便やおならを出したり漏れ出ないようにするための弁の役割を果たしているんです。

いぼ痔の原因は、このフタを何らかの理由で圧迫し続けてしまって、本来なら圧迫が終わったら元に戻る部分が、圧迫された形で固まってしまい、そこに血液が溜まり溜まった部分が硬くなってしまうのが「いぼ痔」発症メカニズムです。

圧迫される機会が少なければ自然治癒していきますが、圧迫が繰り返されると、いぼの部分にさらに血液が溜まっていき、いぼがどんどん大きくなり自然治癒するのが難しくなってしまうんです。

いぼ痔になってしまう原因

それでは、どんなことでフタが圧迫されるのでしょうか?

よく言われるのは排便時の力(リキ)み、寒さによる冷え、慢性的なストレス、便秘などがあります。

上に挙げたように、いぼ痔は普段の生活習慣を原因とすることが多いので、生活習慣を見直すことで予防することができます。 例えば、食生活の見直しや定期的な運動、仕事やプライベートでストレスを貯めないようにリフレッシュできる趣味を持つ、冷えないように気をつけるなど、できることは多いんです。

生活習慣が見直されれば、いぼ痔ができたばかりであれば自然治癒力で治すこともできるはずです。

いぼ痔の治療法

いぼ痔になったら病院に行くのが1番良いといえます!

慢性的ないぼ痔になってしまったら自己治癒力で治すのは難しいと思いますので、医師の助けを借りるのが賢明だと思います。

いぼ痔の治療方法は、いぼ痔の種類によって違ってきますが化膿している場合などは治療薬を塗り、内痔核が悪化して脱肛している場合には手術しなければならない場合もあります。

どちらにしても、一旦は落ち着き治癒しても、いぼ痔は生活習慣を見直さなければ再発してしまう病気です。

治療と共に医師からなぜいぼ痔になってしまうのかといったお話もあると思います。そこで、自分自身の生活習慣を見直して始めて治療が完了するのだと思います。

いぼ痔になってしまうと、恥ずかしさや辛さでショックを受けると思いますが、いぼ痔になることを逆に自分自身の生活習慣を見直すチャンスだと思って臨めば、痔をきっかけにその後の人生を健康的に生活できるかもしれませんね。

いぼ痔にならない生活習慣を身につけよう。

Stacks of coins in a decrease financial concept.
とりあえず、30万円? 病気になったら出て行くお金はこれだけある
2017.09.27

病気になった時、いくらお金がかかるか考えたことはありますか? 病院に行くのであれば、診療費や医薬品費はもちろんのこと、交通費もかかるかもしれません。入院することになったらさらにお金が必要ですよね。 今日はちゃんと考えたこ…

もっと見る
20170430nechusyo4
暑い夏に向けて熱中症リスクを簡単にチェックできるサービスが登場
2017.04.30

気象庁の発表によると、今年の5月から7月は全国的に暖かい空気に覆われやすく、気温も平年並か高い見込みだそうです。暑い夏が苦手は筆者は今から戦々恐々です。 さて、暑い季節に注意しなければいけないのは熱中症。毎年5万人以上の…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ