1. トップ
  2. ニュース
  3. 冬からが本番。症状で見る「風邪とインフルエンザ」の違い

冬からが本番。症状で見る「風邪とインフルエンザ」の違い

20151201flu

インフルエンザと風邪は似ていると感じる事、なかったですか?

毎年、12月ぐらいからインフルエンザの感染者が徐々に増えてきますが、「ひどい風邪だと思ったらインフルエンザだった」といった経験をお持ちの方もいると思います。

冬の体調不良時に「風邪かもしれない」「もしかしてインフルエンザかも」といった判断ができるよう、インフルエンザの症状を把握しておくと参考になります。まず、風邪ではどのような症状が出るのか見てみましょう。

風邪の症状

・季節に関係はなく、通年発症する可能性がある

・症状の進行は比較的ゆっくりと出てくる

・最初は鼻の炎症から症状が出る事が多く、鼻水などが出るようになる。
その後、喉の炎症から来る喉の痛みなども起きる場合もある

・熱が出る場合は37度から38度位の高熱が出る
熱が高い場合は寒気などを感じることも

・咳は個人差がありますが、比較的軽いほう

・頭痛や関節痛、筋肉痛といった体の痛みは軽い

インフルエンザの症状

・冬、空気が乾燥してくる時期の季節性感染

・感染、発症すると急激に症状が出てくる

・症状は急に体がだるくなるといった倦怠感があり、咳が出て頭痛、筋肉痛、関節の痛み、寒気、震えといった全身症状が出る

・腹痛や下痢といった胃腸症状が出る場合もある

・高熱が出て、38度から40度近くにまでなる人もいる

このように、インフルエンザは急激に体調不良・全身症状・高熱が出るといった特徴があり、風邪とインフルエンザは比較できる場合が多いもの。

インフルエンザは『型』によって症状が違う

Influenza Virus H1N1

Influenza Virus H1N1

インフルエンザは主にA型B型C型と3種類の型が発見されていて、インフルエンザウイルスは常に変化しているのが特徴です。インフルエンザの型によって発症した時に出てくる症状が違います。

A型の症状

インフルエンザA型は、38度から40度近い高熱、寒気、頭痛、倦怠感、筋肉痛、関節痛といった症状が出やすいと知られています。

主にA型は感染率が高く、毎年流行を起こしやすい傾向アリ。特に大流行するのはこのA型です。突然変異恐ろしや…。

B型の症状

咳、たん、頭痛、倦怠感、筋肉痛、関節痛、胃炎、気管支炎、上気道炎、発熱(個人差がありますが38度から40度出る場合も)

B型の場合、風邪と症状が似ている部分がありますので判断しにくい点がありますが、呼吸器や消化器系への症状が出るといった違いがあります。
流行は、季節性が高いA型よりも2月、3月に流行する傾向があります。冬の季節は要注意!

C型の症状

5歳以下の小児への感染が多く、大流行する事は少ないと言われているC型。

主に鼻水が出るので「鼻風邪」と間違えやすい症状が特徴。C型の場合、一度かかるとC型の抗体が長く体にいる状態になるので、何回もC型に感染する事は少ないといわれています。

インフルエンザの症状が重篤(じゅうとく)化することも

ここまで見てきたインフルエンザの症状。読んでいるだけでインフルエンザにかかりたくないと願うばかり…。そんなインフルエンザは、病状が非常に重くなる場合があります。

その場合、高熱からくるけいれん、意識障害、異常行動が出るインフルエンザ脳症や肺炎などを起こす事が多く、健康な成人の場合、これらの重篤化の心配は少ないですが、高齢者・乳児・幼児・妊婦さん・慢性疾患がある方・糖尿病・喘息や肺に疾患を持つ方・心臓に疾患がある方・腎臓疾患なので透析を受けている方・その他免疫機能が落ちている方。

おかしいなと思ったら医療機関へ

インフルエンザは風邪と症状が似ていて気がつかなかったという例も聞きます。

普段から低体温気味の人の場合、高熱の体温まで至らなかったという理由でインフルエンザじゃないと思ってそのまま病院に行かなかったといったことも。

インフルエンザは他の人への感染を防ぐのも大事な事ですので、早めに検査して治療したほうが良いですね。念のため、体調不良があった際には医療機関へ受診して、必要に応じて検査、治療を。

事前対策として、インフルエンザの予防接種をすることで、感染を未然に防ぐことはもちろん、免疫力を落とさない食事も取っていきたいですね。

今の時期ならキノコが良さそうだ。

(healthy living編集部)

参考:インフルエンザ|アステラス製薬 , シオノギ製薬(塩野義製薬)

Stacks of coins in a decrease financial concept.
とりあえず、30万円? 病気になったら出て行くお金はこれだけある
2017.09.27

病気になった時、いくらお金がかかるか考えたことはありますか? 病院に行くのであれば、診療費や医薬品費はもちろんのこと、交通費もかかるかもしれません。入院することになったらさらにお金が必要ですよね。 今日はちゃんと考えたこ…

もっと見る
20170430nechusyo4
暑い夏に向けて熱中症リスクを簡単にチェックできるサービスが登場
2017.04.30

気象庁の発表によると、今年の5月から7月は全国的に暖かい空気に覆われやすく、気温も平年並か高い見込みだそうです。暑い夏が苦手は筆者は今から戦々恐々です。 さて、暑い季節に注意しなければいけないのは熱中症。毎年5万人以上の…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ