1. トップ
  2. 未分類
  3. カロリーではなく糖質。ゆるやかな糖質制限ができるロカボマークに注目!

カロリーではなく糖質。ゆるやかな糖質制限ができるロカボマークに注目!

20160912locabo1

こんなマークがあるなんて知らなかった。

ダイエットや病気で食事管理をしている方はたくさんいらっしゃると思います。

でもあまりに質素だと、徐々にストレスが溜まってイライラやリバウンドの原因に…なんてことも多いはず。

もっと楽しく、もっとストレスなく体によい食事ができたらと思うのは、みんな一緒。そんな想いを抱いている多くの方に、ぜひ注目してほしいマークがあります。その名も「ロカボ」。

これからはカロリーでなく糖質を管理

ロカボとは、おいしく楽しく適正糖質を摂取することを目的とした、一般社団法人 食・楽・健康協会が考えた登録商標のことです。1食で摂取する糖質量を20~40g、デザートは10g、1日70~130gに抑えることを提唱しています。

この量を守れば、カロリーや脂質、たんぱく質は一切気にしなくても大丈夫。好きなだけ食べても問題ないのだそうです。

特にダイエットなど、今まではカロリー制限することを謳った極端なものが多い傾向がありました。しかしこれからは、カロリーではなく、糖質のコントロールが重要であるとロカボは言っています。

ロカボに取り組むことで得られるメリットはこの4つ。

・体重の減量
・血中脂質の改善
・血糖値の改善
・血圧改善

糖質を抑えることによって、血糖値の急激な上昇が抑えられます。それによってインスリンの分泌を抑制ことができます。

インスリンとは、使い切れなかった糖を脂肪に変えて蓄積させる働きがあり、結果的に肥満を促進する恐ろしい物質のことです。ですので糖質制限を行うことで、上記のような効果が期待できるということになります。

脳卒中」や「心臓病」も、この食後の急激な高血糖が原因でした。要するに、ロカボに取り組むことで、このような病気生活習慣病予防にもなるということ。それはなかなか得られるメリットが高いのではないでしょうか。

一眼で分かる! ロカボマークの付いた食品って?

20160912locabo620160912locabo7

そんなロカボが公認する商品は、意外と多く発売されています。この「ロカボマーク」は、「おいしく楽しく適正糖質」が行え、1食あたり糖質20〜40gを計算しながら、商品を選べる機能的な印です。

以下はロカボ公認食品のほんの一部。他にも気になる方はこちらをご覧ください。

20160912locabo220160912locabo320160912locabo420160912locabo5

また本日9月12日(月)から、吉祥寺第一ホテルでは、1食あたりの糖質量を20~40g、デザートは10g以下に抑えた、ロカボメニューが展開されます。

20160912locabo6

ロカボが公認する商品や、レストランのメニューを見ると、従来のおいしくなさそうな食事管理メニューと違い、魅力的なお肉やデザートをしっかり食べられそうな印象を受けます。

ロカボという考え方が普及すれば、食事管理に対する意識も変わってくるのではないでしょうか? これから要チェックのマークだと言えそうです。今後の展開が楽しみですね。

[ロカボ]

(healthy living編集部)

Nosebleed
実は意外とみんな間違えている。鼻血の正しい対処方法を知っておこう!
2017.02.15

チョコ食べ過ぎて鼻血出た! …なんて、モテモテだった殿方はいるのでしょうか。 でも意外と、会社に勤めていたりすると、職場の女性からももらったりと、たくさんチョコレートを持って帰った方も多いかもしれませんね。 「チョコレー…

もっと見る
Defensive measurements
そのつけ方間違ってるかも…。花粉の季節が来る前に正しいマスクの使い方を知ろう
2017.01.27

「そのマスクのつけ方、間違ってますよ…!」 街中を歩いていると、「そのマスクのつけ方じゃ意味ないよね…?」と思ってしまう人に遭遇します。病院で働いていた期間が長かったせいか、どうしても気になってしまい、直してあげたい気持…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ