1. トップ
  2. ニュース
  3. 「卵は1日1個まで」はウソ。食べ過ぎてもあまり問題にはならない

「卵は1日1個まで」はウソ。食べ過ぎてもあまり問題にはならない

How to separate yolk and egg white

さまざまな料理に使える「」。

単品でもゆで卵や目玉焼き、スクランブルエッグ、さらに料理に使えば天津飯、ケーキ、お菓子…と、その利用範囲は無限大とも思えます。しかし、みなさんも聞いたことがありますよね? 「卵は1日1個まで」という言葉。あれ、本当だったんでしょうか?

なぜ卵の摂取量を控えるように言われたの?

20160920negg2
引用:South County Internal Medicine

卵の摂取量を控えるような目標が生まれた原因…それは、コレステロール含有量にあります。

コレステロールとは有機化合物の1種で、人体を含む動物生命体形成欠かせない物質です。

また血中のコレステロール値が高い場合は上の画像のように血管に付着し、動脈硬化脳卒中虚血性心疾患などの原因になることもあります。

さらにコレステロールには「善玉コレステロール(HDLコレステロール)」と「悪玉コレステロール(LDLコレステロール)」があり、善玉コレステロールは体内のコレステロールを肝臓に戻す、一方悪玉コレステロールは肝臓のコレステロールを全身に運ぶという全く働きをします。

このような複雑なコレステロールの働きが知られたのは割と最近のこと。そのために、単純にコレステロールの含有量だけを考えた「卵は1日1個」という標語に疑問符がつきだしたのです。

コレステロールを巡る、世界の動きとは?

fried bacon and eggs in iron skillet

一時はかなりの悪者扱いだった卵とコレステロールですが、その働きが解明されるにつれて極端な努力目標は廃止されていきます。

まず、デンマークの研究では毎日2個の卵を食べると「善玉コレステロールが増えた」ことが判明。さらにハーバード大学やコネチカット大学での研究でも、コレステロール多く含む食品の摂取が大きな影響与えないことが報告されました。

そんな研究結果を受け、なんと2015年にはアメリカ食生活ガイドラインで「コレステロールの摂取を制限する必要はない」との報告があったんです! 

またこれに続くように、日本でもコレステロールの摂取の上限目標撤廃コレステロール完全悪役ではないということが広く知られることになったのです。

卵の個数に気をつけるのはどんな人?

Doctor explaining prescription to senior patient

ただし、これで誰もが卵をパクパク食べられるようになった…わけではありません。

たとえば悪玉コレステロール値高い人(高LDL)、それに糖尿病の方などは依然としてコレステロール摂取量気を使う必要があります。つまり、健康な人の場合は1日2、3個食べても罪悪感を感じる必要はない…というのが今回の結論になりそうです。

[President Online]
image:iStock , South County Internal Medicine

(塚本直樹)

20170430nechusyo4
暑い夏に向けて熱中症リスクを簡単にチェックできるサービスが登場
2017.04.30

気象庁の発表によると、今年の5月から7月は全国的に暖かい空気に覆われやすく、気温も平年並か高い見込みだそうです。暑い夏が苦手は筆者は今から戦々恐々です。 さて、暑い季節に注意しなければいけないのは熱中症。毎年5万人以上の…

もっと見る
Set of 15 insect icons
今にわかに注目される昆虫食の全貌とは?
2017.04.22

突然ですがみなさんは虫、食べたことありますか? 昔上司だったアメリカ人プログラマー(趣味:グルメ旅、好物:大トロとウニ)は、今までの人生で一番おいしかったものが、タランチュラの素揚げだと言っていたことが忘れられません。エ…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ