1. トップ
  2. 睡眠
  3. 体のリズムを整える朝食は「魚の油」がカギ

体のリズムを整える朝食は「魚の油」がカギ

あしたから、ツナサンド。

朝食はデニーズと決めている僕。デニーズはファミリーレストランの1つなので、和洋食どちらも選択可能なのがいいですね。

睡眠には食事も大事だと言われていますが、特に朝のスタートダッシュを決める朝食に注目してみます。

突然ですが、リズムを整えるためには大事なのはGI値。グリセミック・インデックスと呼ばれるもので、これは食後2時間までの血液中の糖質量を計測したもの。GI値が高い食品はフライドポテトやドーナツなどがあり、逆にGI値が低いものはこんにゃくやトマトなどがあります。

こういったGI値が高い食品を取ると、食後に血糖値が上がると、それをインシュリンが分解して血糖値のバランスを取るようになっている人体の不思議。インシュリンとかあまり知らない成分が勝手に働いてくれているんですから、体ってよくできてますね。

えー、こういった一連の働きがある中で、インシュリンがキーワードとなってきます。インシュリンが働くと、体のリズムが動き出すため、つまりはGI値が高いものを摂取すると効果的。

じゃあGI値が高まり、インシュリンが出やすい食品はなんなのかというと、魚の油が挙げられるそうです。その中でもツナ(マグロの油)が最も良いのだとか。じゃあ朝から体や脳を動き出させるために何を食べれば良いかと言えば…

洋食ならツナサラダやツナサンド

和食なら焼き魚が良さそうですね。朝からマグロ食べるのも…ねぇ。

ツナの食べ応えのなさと、無味感が好きではないから朝はもっぱら焼き魚を食べてるんだけど、明日はツナサンド食べてみようかな。

へ〜こんな風に作られてるんだという発見があったので、ツナ缶ができるまでの工場動画を貼っておきますね。

参考:CLUB Panasonic
参考図書:脳にいい24時間の使い方 フォレスト出版 著/菅原洋平

今夜から即実践!就寝前スマホを断ち切る方法6選
2018.03.20

「これ見たら寝るか。」と言いながら、ついつい時間を忘れて動画視聴・SNSパトロール、「やっば!こんな時間じゃん!」と焦って寝るも次の日、寝不足で一日辛いという経験は、ありませんか? 私は、よくやってしまいます。翌日になっ…

もっと見る
人が眠る理由は解明されていないが、睡眠が人類を進化させた−−筑波大学IIISに聞く睡眠の本質
2018.03.17

  突然ですが、毎日しっかり眠れていますか? 眠れている人も眠れていない人も「人は生きている時間の1/3は眠っている」という話を一度は聞いたことがあるはず。これだけ人生の割合を占めていると、こだわりの枕やマット…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ