1. トップ
  2. 睡眠
  3. 体のリズムを整える朝食は「魚の油」がカギ

体のリズムを整える朝食は「魚の油」がカギ

あしたから、ツナサンド。

朝食はデニーズと決めている僕。デニーズはファミリーレストランの1つなので、和洋食どちらも選択可能なのがいいですね。

睡眠には食事も大事だと言われていますが、特に朝のスタートダッシュを決める朝食に注目してみます。

突然ですが、リズムを整えるためには大事なのはGI値。グリセミック・インデックスと呼ばれるもので、これは食後2時間までの血液中の糖質量を計測したもの。GI値が高い食品はフライドポテトやドーナツなどがあり、逆にGI値が低いものはこんにゃくやトマトなどがあります。

こういったGI値が高い食品を取ると、食後に血糖値が上がると、それをインシュリンが分解して血糖値のバランスを取るようになっている人体の不思議。インシュリンとかあまり知らない成分が勝手に働いてくれているんですから、体ってよくできてますね。

えー、こういった一連の働きがある中で、インシュリンがキーワードとなってきます。インシュリンが働くと、体のリズムが動き出すため、つまりはGI値が高いものを摂取すると効果的。

じゃあGI値が高まり、インシュリンが出やすい食品はなんなのかというと、魚の油が挙げられるそうです。その中でもツナ(マグロの油)が最も良いのだとか。じゃあ朝から体や脳を動き出させるために何を食べれば良いかと言えば…

洋食ならツナサラダやツナサンド

和食なら焼き魚が良さそうですね。朝からマグロ食べるのも…ねぇ。

ツナの食べ応えのなさと、無味感が好きではないから朝はもっぱら焼き魚を食べてるんだけど、明日はツナサンド食べてみようかな。

へ〜こんな風に作られてるんだという発見があったので、ツナ缶ができるまでの工場動画を貼っておきますね。

参考:CLUB Panasonic
参考図書:脳にいい24時間の使い方 フォレスト出版 著/菅原洋平

大人が気をつけたい健康ポイント28個
30歳の大人になってから、改めて大事だと気づいた健康のこと28個
2017.06.28

当たり前のことができれば、苦労しないんですけどね。 最近では、睡眠というワード1つ取っても睡眠負債という新しい言葉が出てきました。それに、7時間睡眠したほうが体には良いという研究結果もニュースになっています。 体にまつわ…

もっと見る
正月太りにサヨナラ!生活習慣の見直しポイント3か条
2016.12.30

あれ?スカートのホックが閉まらない…。 私たちを毎年のように苦しめるのが「正月太り」。年末年始の楽しい時間を経たあと、鏡を見て憂鬱な気分に…なんて経験、あなたにも一度はあるのではないでしょうか。 飲み会やイベントでおいし…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ