1. トップ
  2. ニュース
  3. 健康管理には天気も重要。気候の変化が原因の気象病とは

健康管理には天気も重要。気候の変化が原因の気象病とは

20161106kisyoubyo1

なぜかわからないけど頭痛がひどい・・・

そんな時ってあありますよね。そういう時はもしかして気温や気圧の急な変化に身体がついていっていないのかもしれません。特に秋は日中と夜の寒暖の差も激しく、急激な気温の変化だけで体調がおかしくなったりする人もいますよね。また日によって暑かったり寒かったり、季節の変わり目は体調を崩しやすい時期でもあります。

20161106kisyoubyo2

気温や気圧の変化によって引き起こされる病気を、「気象病」と言います。近年になって認知されつつある病名ですが、具体的には、ぜん息、めまい、頭痛、肩こりなどの症状や、うつ病のような精神的な病の他、心筋梗塞や脳卒中などの深刻な病気までこれに該当するそうです。

筆者も急に気温の下がった日にはよく頭が痛くなったり、身体がだるくなったりします。でもこれが病気だという自覚もあまりないし、周囲にもどう説明したらいいのかわからないので、そんな時でもつい無理して仕事してしまったりするんですよね。でも、実際には気象条件によって引き起こされる病気の可能性があるんです。天気予報のチェックは日本に住んでいるなら毎日の日課のようなものですが、天気を知ることは体調管理にとっても大切なことなんですね。

20161106kisyoubyo3
気象病の予防には、以下の3つを心がけるとよいでしょう。
  • 適度な運動とストレッチ・・・身体を動かし、血液の循環を良くすることによって、気温の変化によって生じた自律神経を整えましょう。また入浴も血行を促進する効果がありますから、自律神経のバランスを整えるのに有効です。
  • 規則正しい生活・・・気象病のみならず、あらゆる面で健康の源ですよね。
  • 冷暖房の温度調整・・・冬は血圧があがりやすく、さらに室内と室外の気温の差が激しいと血圧に負担をかけます。脳卒中が冬に多いのはこのため。外気との温度差を作りすぎないように心がけましょう。

そして、日々の天気と健康管理のチェックには、天気予報と一緒にぜん息や関節痛などの注意報を見られるバイオウェザー・サービスを利用すると良いでしょう。気圧の変化のチェックには「頭痛ーる」というアプリも有効です。

さわやかな秋晴れの日は、気分がとてもいいものですが、気分が優れなくては損をした気分になりますもんね。天気と一緒にいい気分になるためにもしっかり体調管理しましょう!

[日経デジタルヘルス, カラダナオス通信, 健康+通信]
image:iStock

(healthy living編集部)

20160222belt-2
セクシー、だけじゃないの。ガーターベルトで蒸れ知らずの快適革命を
2017.02.20

「セクシー」「エロい」「コスプレ」「不二子ちゃん」 ガーターベルトのイメージを周りに聞いてみたら、だいたいそんな答え。 ま、そうだよね。私もガーターベルトデビューする前はそう思ってました。色気を醸したいとき用のランジェリ…

もっと見る
Nosebleed
実は意外とみんな間違えている。鼻血の正しい対処方法を知っておこう!
2017.02.15

チョコ食べ過ぎて鼻血出た! …なんて、モテモテだった殿方はいるのでしょうか。 でも意外と、会社に勤めていたりすると、職場の女性からももらったりと、たくさんチョコレートを持って帰った方も多いかもしれませんね。 「チョコレー…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ