1. トップ
  2. ニュース
  3. 健康管理には天気も重要。気候の変化が原因の気象病とは

健康管理には天気も重要。気候の変化が原因の気象病とは

20161106kisyoubyo1

なぜかわからないけど頭痛がひどい・・・

そんな時ってあありますよね。そういう時はもしかして気温や気圧の急な変化に身体がついていっていないのかもしれません。特に秋は日中と夜の寒暖の差も激しく、急激な気温の変化だけで体調がおかしくなったりする人もいますよね。また日によって暑かったり寒かったり、季節の変わり目は体調を崩しやすい時期でもあります。

20161106kisyoubyo2

気温や気圧の変化によって引き起こされる病気を、「気象病」と言います。近年になって認知されつつある病名ですが、具体的には、ぜん息、めまい、頭痛、肩こりなどの症状や、うつ病のような精神的な病の他、心筋梗塞や脳卒中などの深刻な病気までこれに該当するそうです。

筆者も急に気温の下がった日にはよく頭が痛くなったり、身体がだるくなったりします。でもこれが病気だという自覚もあまりないし、周囲にもどう説明したらいいのかわからないので、そんな時でもつい無理して仕事してしまったりするんですよね。でも、実際には気象条件によって引き起こされる病気の可能性があるんです。天気予報のチェックは日本に住んでいるなら毎日の日課のようなものですが、天気を知ることは体調管理にとっても大切なことなんですね。

20161106kisyoubyo3
気象病の予防には、以下の3つを心がけるとよいでしょう。
  • 適度な運動とストレッチ・・・身体を動かし、血液の循環を良くすることによって、気温の変化によって生じた自律神経を整えましょう。また入浴も血行を促進する効果がありますから、自律神経のバランスを整えるのに有効です。
  • 規則正しい生活・・・気象病のみならず、あらゆる面で健康の源ですよね。
  • 冷暖房の温度調整・・・冬は血圧があがりやすく、さらに室内と室外の気温の差が激しいと血圧に負担をかけます。脳卒中が冬に多いのはこのため。外気との温度差を作りすぎないように心がけましょう。

そして、日々の天気と健康管理のチェックには、天気予報と一緒にぜん息や関節痛などの注意報を見られるバイオウェザー・サービスを利用すると良いでしょう。気圧の変化のチェックには「頭痛ーる」というアプリも有効です。

さわやかな秋晴れの日は、気分がとてもいいものですが、気分が優れなくては損をした気分になりますもんね。天気と一緒にいい気分になるためにもしっかり体調管理しましょう!

[日経デジタルヘルス, カラダナオス通信, 健康+通信]
image:iStock

(healthy living編集部)

20170430nechusyo4
暑い夏に向けて熱中症リスクを簡単にチェックできるサービスが登場
2017.04.30

気象庁の発表によると、今年の5月から7月は全国的に暖かい空気に覆われやすく、気温も平年並か高い見込みだそうです。暑い夏が苦手は筆者は今から戦々恐々です。 さて、暑い季節に注意しなければいけないのは熱中症。毎年5万人以上の…

もっと見る
Set of 15 insect icons
今にわかに注目される昆虫食の全貌とは?
2017.04.22

突然ですがみなさんは虫、食べたことありますか? 昔上司だったアメリカ人プログラマー(趣味:グルメ旅、好物:大トロとウニ)は、今までの人生で一番おいしかったものが、タランチュラの素揚げだと言っていたことが忘れられません。エ…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ