1. トップ
  2. ニュース
  3. 大事な人に健康診断をプレゼント。日本初・検診専用プリペイドカードが誕生

大事な人に健康診断をプレゼント。日本初・検診専用プリペイドカードが誕生

Doctor holding heart against chest

想いをカードで届ける。

最近の芸能人のガン報道で、多くの女性と同じように、私も乳ガン・子宮ガン検診を受けようと思いました。ですが、普通の健康診断に、追加で8千円余り払わないといけないみたいなんですね。知らなかった。大事だけど、ちょっと若者には優しくないかもなー。

2014年に行なった厚生労働省の調査によると、過去1年で検診を受けていない男性は27.8%、女性は37.1%にのぼることが分かったそうです。

この数字、どうなんだろう。多いのかな。少ないのかな。何にせよ、意外と体には悪いところがあるものです。行って損はなし。

20161109health2

凸版印刷から、この度日本初・健康診断支払い専用プリペイドカードが発売されました。ガン検診や人間ドック検診の支払いができる専用のギフトカードです。

販売価格は10万700円3万1500円の2種類があり、カード額面はそれぞれ1万円3万円

カードが利用できる医療機関のある地域は、関東(東京都神奈川県埼玉県千葉県静岡県の伊豆地方)、関西(滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県)の1都2府8県の日本人間ドック健診協会の会員施設及び協力会員施設。

そして、カードの購入は同じく1都2府8県のドラッグストアの「ココカラファインヘルスケア」と「富士薬品」グループの店頭可能とのことです。

ちょっとこの金額だと、友達に送るものとしては違うかもしれません。ですが例えば、忙しい子どもを気にかけて、親が渡す贈り物としてカードをプレゼントすることは、とっても理にかなっていることなんじゃないでしょうか?

プリペイドカードといえど、これは社会に新たな価値を生み出してくれそうですね。

[凸版印刷株式会社]
image:iStock

(healthy living編集部)

楽観主義でいけば、必ず道は開ける…満100歳を迎えた中曽根元首相の言葉
2018.06.06

こんにちは、「冷えたピザ」こと安齋です。 皆さんは「国鉄」という言葉を聞いたことがありますでしょうか? 我々30~40代がギリギリ知っている世代だと思います。国鉄とは日本国有鉄道の略で、今のJRです。昔は国が管轄していま…

もっと見る
今に集中するために「今に集中」する。禅とマインドフルネスの違い
2018.06.05

こんにちは、福井県の永平寺で修行経験のある安齋です。 2016年にNHKで放送された「キラーストレス」特集。この番組は世間で話題になりました。今やグローバル企業であるグーグルやインテル、ゴールドマン・サックスといった世界…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ