1. トップ
  2. 食事
  3. 食生活
  4. おいしく楽しく適正糖質、そして贅沢。高級で低糖質なフレンチフルコースが神戸に登場

おいしく楽しく適正糖質、そして贅沢。高級で低糖質なフレンチフルコースが神戸に登場

20161114kobekitanohotel1

おいしく体によく、さらに贅沢だったら最高。

誰にとってもそれは理想の食事のあり方ですよね。

以前、当サイトでも紹介した「ロカボ」という商標があります。ロカボとは、おいしく楽しく適正糖質を摂取することを目的とした、一般社団法人 食・楽・健康協会が提唱した登録商標のこと。1食で摂取する糖質量の適正は20~40gと提唱し、低糖質でおいしく食事ができる食品を公認しています。

そんなロカボを実践する高級レストランが神戸に誕生しました。エイチ・ワイ・ホスピタリティ・エンタープライズ株式会社が運営する神戸北野ホテルのフレンチレストラン[アッシュ]は、フルコース1食あたりの糖質量を40g以下におさえた「ロカボディナーコース、ムニュ・アッシュ“ロカボ”」を11月より提供を開始。9月に開始されたロカボ朝食につづき、ディナーにもロカボを導入したことで、ホテル滞在中は低糖質でおいしい食事が朝も夜も食べられるようになりました。

その気になるメニュー内容は、以下の通り。「ホントにこれだけ食べても糖質40g以下なの?」と驚きますね。

  • アミューズブーシュ ~兵庫野菜・明石魚~(2.05g)
  • 前菜 ~霧の山~濃厚丹波のオリジナルヨーグルトとリンゴ アーモンドに合わせて(2.40g)
  • 前菜 ~海の宝~明石産お魚のマリネ 小松菜風味を閉じ込めた粒々キャビアを合わせて(1.66g)
  • 前菜 ~季節を感じて~兵庫の茸(3.70g)
  • 前菜 ~畑の力~お米の力を一皿に表現 明石産鱧の軽いスモークと合わせ(7.66g)
  • 魚料理 ~伝統に敬意を~長年愛されているクラシックなテクニックを再現し(5.71g)
  • 肉料理 ~日本最古のオリーブ園~神戸高見牛のロースト オリーブソースと焼き茄子のフォンダンを合わせて(3.07g)
  • デザート ~砂漠のバラ~(5.72g)
  • 大豆パン2個(1.40g)
  • 小菓子3種(5.18g)
  • コーヒー(0g)
  • オリーブオイル(0g)

デザートも含めて糖質合計38.55g。おにぎり1個で糖質約40gといわれているのに、これだけの分量でおにぎりの糖質を下回っているのはすごいですね! 一般的にフランス料理は低糖質な食材が多いとされ、がっつり食べてもそれほど糖質の摂取は多くないと言われています。フランスパンは炭水化物のかたまりですが、フルコースのメインディッシュには肉や魚介類など、糖質の少ない食材が多いですからね。

糖質を気にする人だけでなく、テーブルのみんなも同じようにおいしく健康な食事ができるこのメニュー。贅沢と健康をわかちあえるコースってステキですよね。

神戸北野ホテルのフレンチレストラン[アッシュ]の公式サイトはこちら。ご利用には3日前までの予約が必要です。

[ValuePress!, ロカボ, 神戸北野ホテル]

(healthy living編集部)

ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ