1. トップ
  2. 睡眠
  3. 仮眠は20分でOK!睡眠不足を解消して集中力を維持する方法まとめ

仮眠は20分でOK!睡眠不足を解消して集中力を維持する方法まとめ

20151014nap

仮眠の取り方【決定版】はこれだ!!

夜にまとまった睡眠が取れないとお悩みのあなたに、睡眠不足の解消に日中の仮眠をオススメします。仮眠は20分でも効果があるので、忙しい現代人にピッタリなのです。

仮眠の時間は20分までにしよう

仮眠は、長い時間してはいけません。30分以上寝てしまうと、反対に強い眠気を感じてしまいます。

10-20分の短時間睡眠が脳の集中力を高めます。30分以上寝てしまうと、自律神経を構成する副交感神経系のスイッチが入り、仮眠では無く睡眠と認識してしまうんです。仮眠を取るときは、寝る場所に困ったりするものですが、椅子に座って寝るのでもOKです。

全く仮眠を取らないより集中できますよ。

仮眠前にカフェイン入り飲料を飲む

カフェインは、体内に入れてから20分くらいで、目を覚ます覚醒効果が発揮されます。仮眠前にカフェイン入りの飲料を飲めば、目を覚ます時にはすっきりと起きられるというわけです。

コーヒーや紅茶、お茶などにカフェインは含まれているので効果を感じられると思いますよ。カフェイン量がどの飲み物にどれだけ含まれているかはこちらのリンク先が参考になるかもしれません。

飲み物のカフェイン含有量一覧「コーヒー」「紅茶」「お茶」など

仮眠は夕方までに

夕方以降に仮眠を取ると、夜の睡眠の質を下げてしまいます。仮眠は夕方までに取るようにしましょう。できれば15時前が理想です。16時や17時以降の仮眠は、夜の睡眠時間に影響が出てきてしまいますし、睡眠のリズムが乱れてしまうためおすすめできません。

眠くなる前に仮眠を取る習慣をつけると、疲れ知らずの1日を過ごすことができますよ。

仮眠後は太陽の光を浴びる

日光を体に浴びることで睡眠モードをリセットし、頭の中をクリアにします。1分ほど浴びるだけで効果があります。室内にいるなら窓際で光に当たるだけでもスッキリしますよ。

睡眠不足で、朝から夜まで働き詰めでは、体が悲鳴を上げるでしょう。30分という短い時間なら、作れそうですよね。ほんの少し、仮眠を取るだけで、今よりもバリバリと頑張れますよ。

保健指導リソースガイド , ライフハックノート , 眠れない時寝る方法のまとめ

正月太りにサヨナラ!生活習慣の見直しポイント3か条
2016.12.30

あれ?スカートのホックが閉まらない…。 私たちを毎年のように苦しめるのが「正月太り」。年末年始の楽しい時間を経たあと、鏡を見て憂鬱な気分に…なんて経験、あなたにも一度はあるのではないでしょうか。 飲み会やイベントでおいし…

もっと見る
Young woman blowing nose in winter outdoors
季節の変わり目には要注意!風邪予防に「自律神経」を整えよう
2016.12.20

正直、自律神経って普段あまり意識しないかも…。 季節が移り変わり、気温が急激に上がったり下がったりする時期になると「風邪をひいてしまった…。」とか「なんだか体がだるい…」なんて症状が現れることはありませんか? 「季節の変…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ