1. トップ
  2. 運動
  3. スポーツ
  4. インドアでも景色が変わります。オンラインサイクリングの「Zwift」が楽しそう!

インドアでも景色が変わります。オンラインサイクリングの「Zwift」が楽しそう!

20161121zwift

現実でこいでネットで楽しむ。

2015年からZwift(ズイフト)というインドアサイクリングサービスがスタートしており、このサービスを知れば知るほど楽しそう!ハマりそう!な情報を目にしていると、紹介せずにいられなかったのでご紹介。自転車を置くスペースさえ確保すれば、毎日この空間で走りたいサービスです。

リアルのパワーをデジタルに変換するZwift(ズイフト)

20161121zwift2

簡単に説明してしまうと、Zwiftは屋内で自転車をこいだ力がデジタルスピードへ変換され、Zwiftを楽しんでいる他者とコミュニケーションできるサービス。テレビ画面などへ接続し、画面を見ながらオンラインサイクリングを楽しめます。

インドアトレーナーにロードバイク・マウンテンバイク・トライアスロンバイクなどの自転車を設置。トレーナーは、スマートトレーナー・クラシックトレーナー・ローラー台などの市場に出回っているほとんどのモデルや、室内バイクの一部が利用可能です。

Zwiftと自転車をスマートトレーナーを使えば、Zwiftにパワーが送り込まれ、地形の変化によって抵抗が変わります。しかも、前に走っている人の後ろにつけば、空気抵抗が減って楽に走れるドラフティングも再現。まさに「そこの道」を走っているような感覚を味わえるという感じ。

これらの要素にプラスしてコミュニティ機能も付いているので、仲間で集まってライドしたり、RPGのようなレベルアップ要素も備えているので、新しいアイテムを手に入れる楽しみもあります。

Zwift(ズイフト)と自転車の接続

上にあげているように、クラシックトレーナーにも対応しているのですが、正確なパワーをZwiftへ伝えるためにはスマートトレーナーは欲しいところ。でも、スマートトレーナーって中々なお値段(3万円〜)がするものなんですよねぇ。導入しようか迷う!

また、各種ローラーとの接続にはUSBのANT+かBluetoothを使って接続し、メーター・センサー類はパワーメーター、スピード・ケイデンスセンサー、心拍計などが利用可能です。

14日無償体験可能なZwift(ズイフト)

20161121zwift4

Zwiftは14日間だけ無償で体験可能で、本利用には月10ドルの料金が必要。機能面だけ見ても10ドルなら安く感じてしまうのですけどね。

経験したことがある方は分かっていただけると思いますが、室内バイクは風が吹かないので、ボタボタと汗が真下に落ちていきます。Zwift(ズイフト)を遊ぶときはタオルを用意して、水分補給用のボトルや飲み物を用意しておきたいですね。

その他、Zwift(ズイフト)のアンバサダーを務めている別府史之選手とのグループライドイベントなども開催されていたのだとか。うーん。ゲーム書いていて俄然やりたくなってきた…。まずは屋内自転車から揃えないと。

[Zwift , Zwift 始めよう , Zwift Japan Facebook]

(大野恭希)

ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ