1. トップ
  2. ニュース
  3. 腰を暖めて寒さ対策。ヒーター付きホットサポーターが発売

腰を暖めて寒さ対策。ヒーター付きホットサポーターが発売

20161117supporter7

冷えは万病のもと。

昔、寒さが原因で、「」に痺れをきたして歩けなくなったことがありました。今思うといい思い出ですが、その当時は本当に辛かった。少し動くだけでじんじんじんじん深い痛みが、体の芯まで響き渡るんです。1ヶ月ぐらい、ほぼ毎日病院へ腰を暖めてもらいに行っていました。腰、悪くすると本当に身動きひとつできなくなります。みなさんも大事にしましょうね。

20161117supporter2

株式会社アイテックより、腰回りをじんわりと暖めてくれるヒーター付きホットサポーターホットヒートサポーター AKM-1027」が発売されました。

腰にフェットするところに電熱線が内蔵されており、暖かさを3段階調節できるようになっているんだそうです。

20161117supporter3

①強モード:電源ランプが赤になり、約40-46℃ほどの暖かさになります。屋外での作業や極寒の時によいのだそう。

20161117supporter4

②中モード:電源ランプは青に、温度は約33-40℃ほどになります。暖房器具の届かない場所なんかにいる時に最適らしいです。

20161117supporter5

③弱モード:電源ランプが緑になり、約31-33℃ほどの温度になります。寒がりな方や動きながらの作業する際に適温のよう。

20161117supporter6

また、サイドベルト(サイズ調節ベルト)になっており男女問わず、使うことができるんだそうです。ストレッチ性もあり、腰をがっちり保持、安定してくれるため、サポートベルトとしても着用可能。

そして付属の電池ボックスを使えば、コードレスで使えます。こちらの電池ボックス、実はLEDライトが搭載されており、もしもの災害時に周りを照らしてくれる機能も。はたまたUSB接続延長コードも付いているので、パソコンにも繋ぐことができるんだそう。いろんな機能が付いていますね…。

腰は体の中心ですから、ここさえ暖めればずいぶんな寒さ対策になります。価格はamazon2万2800円(税抜)。気になる方はぜひお試しください。

[PR TIMES]
image:iStock

(healthy living編集部)

Stacks of coins in a decrease financial concept.
とりあえず、30万円? 病気になったら出て行くお金はこれだけある
2017.09.27

病気になった時、いくらお金がかかるか考えたことはありますか? 病院に行くのであれば、診療費や医薬品費はもちろんのこと、交通費もかかるかもしれません。入院することになったらさらにお金が必要ですよね。 今日はちゃんと考えたこ…

もっと見る
20170430nechusyo4
暑い夏に向けて熱中症リスクを簡単にチェックできるサービスが登場
2017.04.30

気象庁の発表によると、今年の5月から7月は全国的に暖かい空気に覆われやすく、気温も平年並か高い見込みだそうです。暑い夏が苦手は筆者は今から戦々恐々です。 さて、暑い季節に注意しなければいけないのは熱中症。毎年5万人以上の…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ