1. トップ
  2. 運動
  3. エクササイズ
  4. 人生最大の筋肉痛を体験。GIFで見る「Fizit」のオンラインパーソナルトレーニング

人生最大の筋肉痛を体験。GIFで見る「Fizit」のオンラインパーソナルトレーニング

20161201fizit_top

[Sponsored]

普通に生活していて、パッと思うことがあります。「運動してないしジムに通いたいなぁ。でも…めんどくさい」って。

そんな風に悩みがちの方も多いんじゃないでしょうか。それに、ジムってお金もかかりそうなイメージがあるし、定期的に行けるか不安もあるし。

他にもジムへ行けない理由を挙げればキリがありません。「ムダのない引き締まったカラダを手に入れたい!」とか「体のことを気遣った生活をしたい!」など、それぞれの目的からジム通いに興味を持ちつつも、スケジュールや近隣にジムがないなどの問題から一歩踏み出せていないという方も多いはず。

そこで注目したいのが、オンラインパーソナルトレーニングという選択肢です。昨今、英会話の分野でビデオ通話によるマンツーマントレーニングが話題となっていますが、オンラインパーソナルトレーニングはまさしくそのワークアウト版と言えます。

でも「ジムに置いてあるような専用の器具もない自宅で、ちゃんと運動できるの?」という疑問が浮かぶのが正直なところ。ですが、結論からすると、オンラインパーソナルトレーニングで専用器具やアイテムやグッズ類は不要です。家にある物だけでトレーナーがメニューを組み立ててくれます。

今回は、ポータルサイトgooを運営していることで知られるNTTレゾナントから、1月にリリースされる予定のオンラインパーソナルトレーニングサービス「Fizit」を先行体験させてもらいました。

Fizitの利用は4ステップ

STEP1:トレーナーさんと日時の調整

20161201fizit_calendar

Fizitの利用は簡単。サイト上でトレーナーを選び、カレンダーの開いてる枠からトレーニングを受けたい日時を調整して、Skypeの前で待機するだけ。お手間は取らせません。

Fizitには全国にトレーナーがおり、ユーザーの希望に合わせてきめ細やかに担当できるトレーナーが見つかるのも特徴。単純なダイエットだけではなく、ボディメイクやヨガなどそれぞれの有名講師に出会うことも可能です。

この日のトレーニングを担当してくれたのは、愛知県在住の吉田さん。ビデオチャット越しでもムキムキな体をしてるのが分かります。身体中筋肉でできてるんじゃ…と思うくらいマッチョ。

STEP 2:Skype通話できる端末でトレーナーさんのカウンセリング

20161201fizit_1

正座で真剣に。

動きやすい格好に着替え、体全体を動かせるスペースを確保しましょう。東京と愛知を繋ぐオンラインパーソナルトレーニングのスタートです。

この日は普段ピラティスのトレーナーをしている女性がレッスンを受けたのですが「全身をまんべんなく動かしたい」とトレーナーさんへお願いしてみました。その場で臨機応変にメニューを組み立ててくれるのは流石プロ!

STEP 3:トレーニングスタート

あとは実際のマンツーマントレーニング同様、トレーナーが組み立てたコースに従っていきます。

トレーナーが見せてくれるお手本に従い、同じように身体を動かしていきます。もちろんカメラで向こうからこちらが見えているので、正しいカラダの動かし方ができているか、しっかりとチェックしてもらえます。

この日のメニューはこんな感じ。

【ウォーミングアップ:ダイナミックストレッチ】

20161201fizit_2

まずは、動的ストレッチと呼ばれる方法で、体全体を動かしながらストレッチを行います。心拍数も上がり、体温を上昇させることができるため、ウォーミングアップとして良いんですね。

20161201fizit_3

両足首を手で掴み、左右に揺らします。

fizit1

【筋トレ】
1.「プッシュアップ」 鍛える場所:胸・肩・二の腕

20161201fizit_4

fizit3

2.「ブルガリアンスクワット」 鍛える場所:太もも・お尻

20161201fizit_5

20161201fizit_braziliansquat

3.「オーバーヘッドスクワット」 鍛える場所:太もも、お尻、背中の上部

20161201fizit_6

20161201fizit_overhead_squat

ちょっと休憩。

20161201fizit_7
「普段ピラティスはしてるけど、Fizitのトレーニングは充実して鍛えられる内容になってる」と体験者。

4.「シングルレッググッドモーニングエクササイズ」 鍛える場所:太ももの裏・お尻・背中の下部

20161201fizit_8

fizit4

5.「ニートゥチェスト」 鍛える場所:お腹

20161201fizit_9

fizit7

6.「リバースディップス」 鍛える場所:腕(上腕三頭筋)

20161201fizit_10

fizit5

最後のメニューはこの表情。声にならない声が口から漏れてました。

二杯目の休憩

20161201fizit_11

STEP4:クールダウンストレッチ

20161201fizit_12

fizit8

呼吸を整え、体がリラックスできる状態を作り出しつつ、筋肉の柔軟性を高めて、損傷した筋肉の回復を助けるストレッチを行います。

Fizitは1レッスン45分程度ですが、これが予想以上にハード。筋肉痛は2日後にやってくるとはよく言いますが、トレーニングを受けたところ、2日後から4日後まで筋肉痛になりました。カラダを動かしている手応えがバッチリすぎです。

Fizitを利用して嬉しいなと思ったのは、マニュアル通りの指導ではなく、「そちらにタオルはありますか?」「イスはありますか?」「後ろにソファーがあるのでそれを使いましょう」など、こちらの自宅環境に合わせてトレーニングを提案してくれる点。

今まで「筋トレだ〜トレーニングだ〜」と思ってやっていた腕立てや腹筋などは、自己流でしかないんだなと分かります。一人で筋トレをしていると、どうしても甘えが出てくるものですが、プロの方に指導してもらえるおかげで、本当のトレーニングを体験できるんですね。自分一人じゃ気づけないことを教えてもらえるのは嬉しいポイント。

それに、自分専用のプランを立ててくれることにモチベーションが上がります。これは一人でトレーニングするよりも、ぐっとやる気が出る、マンツーマンならではの内容ですね。

「Fizit」は、さまざまな雑誌やメディアでフィットネスの監督・監修を務める澤木一貴氏が基本的なトレーニングメニューを監修しているため、常に一定の水準を超えた理にかなったトレーニングを受けれられるということで、その辺も安心できそう。

そして、こうしたマンツーマントレーニングが、1レッスンあたり45分3,500円から利用できるというお手頃な価格設定や、月額・入会金が不要なのはオンラインならではと言えます。

利用は朝の8時から夜12時まで好きな時間に予約できるので、忙しいビジネスマンはもちろん、産後で家から出られないママや、近所にジムやフィットネスクラブがない方まで、既存のジムに通えなかった人にもベストフィット。時間にも場所にも縛られない自分だけのトレーニングスタジオを手に入れることができるとも言えます。

もちろん、自宅でトレーニングできるということは、トレーニング後のシャワー・お風呂を自宅で済ませちゃうってことですね。ジムやスタジオなどを利用すると、シャワールームが混み合ってしまうことがありますが、そういった心配は不要です。

誰かにすっぴん見られるかも…という不安もなくなりますね。

Fizit充実のトレーニング内容

Fizitは2017年1月のサービススタートに向け、メニューは絶賛開発中とのことですが、現時点で以下のような内容を考えられているそうです。

・本気で痩せたい人向けの食事指導
・ダイエットの計画立て、正しい知識の獲得サポート
・日々の生活でできる運動の指導
・姿勢矯正、肩こりや腰痛に効く自宅でできる筋トレ指導
・ヒップライン(美尻)を獲得する、尻トレ
・筋トレの知識があるユーザに対して、スクワットやダンベルを使ったフリーウェイトのフォームチェック
・普段やっている筋トレ以外の新しいメニューへのチャレンジ

「来年こそは痩せる!モテ筋を手に入れる!」というその思いを実現する手段として、オンラインパーソナルトレーニングという選択肢を試してみてはどうでしょう。

Fizitはまだサービス開始前となっていますが、本サービス開始時に利用できる500円分のクーポンが付いた事前登録を開始しています。外に出なくなる冬の今だからこそ、この機会にぜひ。

201611fizit_btm

[オンラインパーソナルトレーニング Fizit]

※料金やサービス内容はサービススタート時に変更される場合があります。

(照沼健太・大野恭希)

ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ