1. トップ
  2. 食事
  3. 食生活
  4. 忘年会シーズン到来。二日酔いしないために気をつけたい2つのこと

忘年会シーズン到来。二日酔いしないために気をつけたい2つのこと

20161205nomumae

忘年会のシーズンがやってきましたね。

私も忘年会大好きです。1年の終わりにいろんな人と楽しくお酒を飲みながら1年を振り返るこの慣習。来年への景気づけになりますよね。しかし、楽しくても二日酔いになったり、もっと悪いことに急性アルコール中毒になったりしたら、楽しい気分が台無しですから、気をつけなければいけません。

飲み会に参加する前には、きちんと準備して対策しましょう。しかし、毎回栄養ドリンクやウコンを飲むのも体に良いのかどうか心配。栄養ドリンク類を苦手としている人もいますよね。

そこで、そうしたアイテムに頼らないで、できるだけ二日酔いにならないための簡単な対策を一緒におさえておきましょう。

空腹は酔いを速める

20161205nomumae2

お酒をたくさん飲みたいからって空きっ腹で、飲み会に行こうと考えたことはありませんか。空腹状態だとアルコールの吸収が速くなるため、酔いも速く全身に回ります。また胃壁を守るものがないため、胃の粘膜にもダメージを与えやすくなります。

厚生労働省の健康情報サイトサイト「e-ヘルスネット」によると、アルコールは胃と小腸上部で吸収されるそうですが、小腸での吸収の方が早いそうです。空腹時にはアルコールが胃を素通りして小腸に流れ込むので、アルコールの吸収もそれだけ速くなるとのこと。

お酒が弱い人ほど、「飲んだ後で吐き気に襲われるかも」と考えて空腹にしてしまいがちかもしれません。でも空腹の方が酔いが回りやすいんです。なので朝と昼に食べた後に、間食程度でもいいから、お腹に入れておきましょう。

私もそれほど強くないので、「後で戻したら迷惑だし、胃が空っぽなら戻すものもないんじゃないか」って考えてしまうことがあります。でもそれやっちゃダメですね。

アルコールは体の水分を失わせる

20161205nomumae3
お酒を飲み始める前に水分を十分取っておきましょう。ただ利尿作用があるカフェインの入っているものは、お酒の前の水分補給にはあまり適さないようです。

アルコールは強い利尿作用がありますので、飲み会の最中よくトイレに行きたくなります。「アルコールも水分じゃん!」と思われるかもしれませんが、アルコールはその強い利尿作用のせいで水分補給にならないんですよね。なので水分が十分に体内にない状態で飲み始めると脱水症状になりやすんです。

ということは、例えば「喉乾いたなあ、ビールでも飲むか!」と喉を潤したつもりになっても、実はその逆でむしろビール飲んだ分、もっと他の水分を補給する必要があるってことですね。うーん、お酒飲んで水分補給した気になってたな、私…

アルコールの耐性には個人差があります。対策の効果にもやはり個人差がありますので、自分の飲める適量で楽しく飲みましょう。

[サントリー, アサヒビール, ウォーターサーバーのアルピナウォーター, 味の素株式会社]
image:iStock

(杉崎一樹)

ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ