1. トップ
  2. ニュース
  3. もうすぐクリスマス。あったかプレゼントで家族みんなを温めよう!

もうすぐクリスマス。あったかプレゼントで家族みんなを温めよう!

20161209chirstmas7

もうすぐクリスマス。

プレゼントの用意はお済みでしょうか? 恋人に、家族に、今年はどんなものをプレゼントしようかな。

クリスマスはウキウキするけど、寒いのはイヤ。冷えは万病のもととも言うし、ここは家族で使えるあったかグッズなんてのはどうかな。この冬もみんなで健やかに過ごせるように。

というわけで、アマゾンで変える商品を集めてみました。

家族で使えるあったかグッズ

履く湯たんぽ – ¥ 9,798(税込)

20161209chirstmas via amazon.co.jp

湯たんぽって履けるタイプがあるんですね。冬の冷えを癒やすために足湯をやる人もいるかと思いますが、足を濡らさずに足湯の感覚をあじわうことができるアイテムです。ウェットスーツの素材を利用していて保温性が高く、お湯の熱さを長時間キープできます。やわらかい感触の履き心地で、お子さんからお年寄りまで安心して利用できます。

サイズはMでサイズ27cmまで、Sは24cmまでとなっています。

ホット脚入ヒーター – ¥ 9,448(税込)

20161209chirstmas2 via amazon.co.jp

足元の冷えには、ホット脚入ヒーターもオススメ。足元だけじゃなく、腰まですっぽり覆得るので下半身全体を温めることができます。椅子やソファに座って使えるこたつのようなイメージですね。綿100%で自宅で水洗い可能です。

温度はスイッチによって、強・中・弱の3段階。ダニ退治機能もついています。

ヒートマッサージクッション – ¥ 5,000(税込)

20161209chirstmas3

ヒーターを内蔵したあったかい「もみ玉」が、凝りをほぐしてくれます。腰や首、肩、ふくらはぎなど身体のさまざまな部位で利用可能。もむと同時にあたためてくれる一石二鳥のアイテムです。

ゆたぽん – ¥ 806(税込)

20161209chirstmas8 via amazon.co.jp

電子レンジで温めるだけで使用できるゆたぽん、お手頃値段で繰り返し使用できます。首・肩まわりにはりつけて使用しますが、布団の中にいれておけば、布団をあっためることもできます。

ちょっと風変わりなユニークアイテム

くまモン柄の湯たんぽ- ¥ 2,800(税込)

20161209chirstmas4 via amazon.co.jp

こういうキャラものの湯たんぽは小さいお子さんは喜ぶかもしれませんね。こちらはくまモンの充電式湯たんぽ。お湯の入れ替え不要で、充電も約15分ほどでたまります。かわいいキャラを抱きしめられて、しかも温めてくれるなんていいですよね。

セーラー服柄の着る毛布 – ¥ 8,856(税込)

20161209chirstmas5via amazon.co.jp

今年の12月8日から発売、BIBILAB(ビビラボ) から着る毛布のセーラー服版が登場しました。肌触りのやさしいフランネルフリース生地を採用。思い切って彼女(奥様にも)にプレゼント、してみる?

ねこ用こたつ – ¥ 10,337(税込)

20161209chirstmas6 via amazon.co.jp

ペットだって家族ですよね。「日頃、癒してくれてありがとう」の思いを込めてペットにもプレゼントするのもありかも。犬用のこたつもあります。

家族の幸せはいちばんのプレゼントですね。これらのアイテムで、この冬も家族みんなが健やかに過ごせるようになってくれると何よりです。

※価格は全て2016年12月9日現在のものです。

image:istock

(杉崎一樹)

Stacks of coins in a decrease financial concept.
とりあえず、30万円? 病気になったら出て行くお金はこれだけある
2017.09.27

病気になった時、いくらお金がかかるか考えたことはありますか? 病院に行くのであれば、診療費や医薬品費はもちろんのこと、交通費もかかるかもしれません。入院することになったらさらにお金が必要ですよね。 今日はちゃんと考えたこ…

もっと見る
20170430nechusyo4
暑い夏に向けて熱中症リスクを簡単にチェックできるサービスが登場
2017.04.30

気象庁の発表によると、今年の5月から7月は全国的に暖かい空気に覆われやすく、気温も平年並か高い見込みだそうです。暑い夏が苦手は筆者は今から戦々恐々です。 さて、暑い季節に注意しなければいけないのは熱中症。毎年5万人以上の…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ