1. トップ
  2. ニュース
  3. 花粉症の季節到来! 今年は天然素材で対策して鼻も肌も守ろう!

花粉症の季節到来! 今年は天然素材で対策して鼻も肌も守ろう!

20170113wakosume4

花粉症の季節がやってきますね。

毎年花粉症に悩まれている方は、1月から対策を始めている人もいるかと思います。早めに予防や対策グッズを揃えておきたいですね。今年の春の花粉飛散量は、平年の1.2倍ほどになるという報道もありますし、今年もかなり悩まされそうです。

花粉症って鼻のムズムズや目のかゆみの他にも、敏感肌の方は肌荒れなどもすることがありますよね。そうした方は、マスクやお部屋にまくスプレーなどもなるべく肌にやさしいものが良いですよね。

近年は肌の弱い子どもの花粉症発生率も増加していますし、なるべく肌にやさしいアイテムを選んで上げた方が良いいですよね。

20170113wakosume

和コスメブランドの『まかないこすめ』の花粉症シーズン向けアイテム「花粉症シーズンのすっきり茶」、「花粉症シーズンのルームスプレー」、「花粉へっちゃらマスク」、「スースーする多用途クリーム」は、化学物質不使用で天然素材にこだわっています。

5種類のブレンドティーでスッキリ!

20170113wakosume2

花粉症シーズンのすっきり茶」は、花粉症に効果的と言われている3種類のお茶(凍頂烏龍、べにふうき、甜茶)と、2種類のハーブティー(レモンバーム、ペパーミント)を厳選したオリジナルブレンドティーのセット。三角型のおなじみのティーバッグなので、誰でも簡単に作れちゃいます。価格は税別で700円、全10袋セットになっています。

外出時だけじゃない、部屋の中の対策も重要

20170113wakosume3

外ではマスクをするのはしょうがないとして、家にいる時は外したいですよね。でも、服などに付着した花粉を家に運んできてしまうことは避けられません。そうして毎日付着した花粉が部屋にたまっていくと、限定された部屋の空間の花粉の密度はどんどん高くなっていきます。家の中でまで苦しいのは本当につらいですよね…。

花粉症シーズンのルームスプレー」は、殺菌力と抗ウイルス作用にすぐれ、粘膜の諸症状を和らげてくれる力があるといわれるユーカリ油入り。さらに爽やかさをプラスするためにペパーミント油も入っています。こちらは1本100ml入りで税別1400円となっています。

口側がやさしいシルク素材で付け心地抜群のマスク

20170113wakosume4

花粉症の方にとって絶対に欠かせないアイテムなのがマスク。肌に長時間つけておくものですから、特に素材にはこだわりたいですよね。

花粉へっちゃらマスク」は、口側が給放湿性に優れたシルク素材になっています。洗って使い直せるのも嬉しいですね。税別2000円とマスクとしては少し高めですが、毎日身につけるものには特にこだわりたいですね。

肌のかさつきが気になる人には保湿クリーム

20170113wakosume5

肌のかさつきが気になる方は、この多用途クリーム「スースーする多用途クリーム」もオススメ。希少性の高い日本はちみつと、シアバター・ゴールデンホホバ油を配合させて高い保湿力があります。花粉症シーズン以外でも活躍する、全身に使えるタイプのクリームです。こちらは1個10gで税別1400円。

「花粉症シーズンのすっきり茶」、「花粉症シーズンのルームスプレー」、「花粉へっちゃらマスク」、「スースーする多用途クリーム」の3点は1月24日発売、「スースーする多用途クリーム」は2月下旬の発売予定となります。いずれも『まかないこすめ』の実店舗と公式サイトにて販売予定です。店舗一覧はこちら

花粉症対策は早めに行うのがポイント。今から自分にあったアイテムを探しておきたいですね。

[PR Times, weathernews, まかないこすめ]
image:iStock

(杉崎一樹)

Stacks of coins in a decrease financial concept.
とりあえず、30万円? 病気になったら出て行くお金はこれだけある
2017.09.27

病気になった時、いくらお金がかかるか考えたことはありますか? 病院に行くのであれば、診療費や医薬品費はもちろんのこと、交通費もかかるかもしれません。入院することになったらさらにお金が必要ですよね。 今日はちゃんと考えたこ…

もっと見る
20170430nechusyo4
暑い夏に向けて熱中症リスクを簡単にチェックできるサービスが登場
2017.04.30

気象庁の発表によると、今年の5月から7月は全国的に暖かい空気に覆われやすく、気温も平年並か高い見込みだそうです。暑い夏が苦手は筆者は今から戦々恐々です。 さて、暑い季節に注意しなければいけないのは熱中症。毎年5万人以上の…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ