1. トップ
  2. 睡眠
  3. 忙しくても睡眠時間を確保しよう。睡眠不足解消の4つのメリット

忙しくても睡眠時間を確保しよう。睡眠不足解消の4つのメリット

Sleep when study

1日の生活を振り返ると時間に追われてることに気づくんですよねー。

仕事を終えて帰宅が23時や24時。食事やシャワーで1時、そこから残りの仕事をはじめて寝るのは3時。起きるのは8時…。大体そんなものだと思ったあなた、こんな生活では日中の眠気はなくならないし、パフォーマンスも落ちてしまうと悩んでいませんか?! まぁ僕のことなんですけどね。

もし毎日質の高い睡眠を十分に取った場合、健康にはどのようなメリットがあるのか。今回は、いつも寝不足気味のあなたに知ってもらいたい、適切な睡眠をとり、睡眠不足を解消すると起こるメリットを4つご紹介します。もしかすると、残業なんてしている場合ではないと思えるかもしれませんよ。

1. 免疫力がアップする

睡眠不足だと、脳も体も休息をとれていないため、言わば連続運転中の状態。ストレスは蓄積するし、疲労も回復しません。これは、体を細菌やウィルス、時としてがん細胞から守る免疫の働きが弱まる原因です。

しっかりと睡眠がとれると、成長ホルモンなど、免疫力がアップするホルモンの分泌量が増え、免疫の働きが強くなります。忙しいと体調を崩しがちなのは、実はこの免疫が関係している可能性があります。

2. 太りにくい

眠ればヤセるとしたら、お腹まわりが気になる一部のみなさまには大きな朗報かと思います。なにもしていなくても消費されるカロリーを基礎代謝と言いますが、この基礎代謝を左右するのは筋肉量。筋肉の割合が多いほど、いつのまにかカロリーが消費されることになります。

そして、筋肉は眠っている間に作られるため、睡眠時間をできるだけ多く取れば、太りにくい体になるのです。また、ストレスは食べ過ぎや飲み過ぎの原因になるので、それを控える意味でも太りにくくなります。

3. 体内時計をリセットする

ヒトの体の中で、朝起きてから夜寝るまでの体内リズムを整えているのが体内時計。一説には、細胞レベルでこの体内時計が機能していて、寿命を司っているのではないかともされています。

このリズムが崩れることで、自律神経失調症や生活習慣病など、怖い病気の原因になることも。現代社会で生活をしているとどうしても体内時計は乱れてしまうので、朝起きたら窓を開けて日の光をしっかり浴びるようにしてリセットしましょう。

4. ストレスが改善される

睡眠には、ストレスの原因物質を取り除いてくれる働きがあるのです。それは、睡眠中に分泌されるホルモンの中に、コルチゾールというストレスを緩和する物質が含まれているから。

寝て起きると前日あったイヤなことを忘れているというのは、このように科学的な根拠のあることです。逆に睡眠不足が続いてしまうと、精神的なストレスを処理できず、結果として不眠になることもあります。

まとめ

忙しい生活をしていると、真っ先に切り詰められるのが睡眠の時間。でも、睡眠不足により、体と精神はさまざまな不調を来します。

悪循環なのはわかっていても、なかなか解消できないかもしれませんが、できるだけ仕事は効率化を。そしていよいよとなったらお休みを貰って、たまにはある程度まとまった時間、ぐっすり眠ってみるのもいいのではないでしょうか。軽視しがちな『眠る』ことには、たくさんのメリットがありますからね!

今日はごゆっくりお休みください〜。

参考:ispot , vufferin news , ぐっするネット

正月太りにサヨナラ!生活習慣の見直しポイント3か条
2016.12.30

あれ?スカートのホックが閉まらない…。 私たちを毎年のように苦しめるのが「正月太り」。年末年始の楽しい時間を経たあと、鏡を見て憂鬱な気分に…なんて経験、あなたにも一度はあるのではないでしょうか。 飲み会やイベントでおいし…

もっと見る
Young woman blowing nose in winter outdoors
季節の変わり目には要注意!風邪予防に「自律神経」を整えよう
2016.12.20

正直、自律神経って普段あまり意識しないかも…。 季節が移り変わり、気温が急激に上がったり下がったりする時期になると「風邪をひいてしまった…。」とか「なんだか体がだるい…」なんて症状が現れることはありませんか? 「季節の変…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ