1. トップ
  2. 睡眠
  3. 睡眠の質
  4. 横向き寝専用枕「YOKONE」がモデルチェンジ! 高さ調節も可能になり寝心地アップ!

横向き寝専用枕「YOKONE」がモデルチェンジ! 高さ調節も可能になり寝心地アップ!

20170201yokone3

みなさんは好きな寝姿勢ってありますか?

私は基本的には仰向けに寝るのですが、寝相が良くないので、寝返りうって横向きになったりしてしまいます。ずっと横向きで寝るのが好きだという方もいますよね。

一般的には仰向けに寝る人が多いと思いますが、横向きにもメリットがあって、仰向けで寝ている時にいびきをかいてしまう人は一度、横向き寝てみるといいかもしれません。一般財団法人 脳神経疾患研究所 総合南東北病院でもいびきの改善の一策として横向きに寝ることを挙げています。いびきは気道が狭まることで起こりますが、横向きの方が気道が圧迫されにくいんですね。

でも、横向きに寝るのって仰向け派には苦しそうに感じますね。肩がある分、頭の位置が高くなってしまいますし。しかし、世の中には横向き寝のための枕というものがあるんですね。

横向き寝専用枕「YOKONE」を販売しているムーンムーン株式会社は、2月1日から新モデルの横向き寝専用枕「YOKONE2」の発売を開始しました。

20170201yokone

「YOKONE」はリラックスウレタンという、頭の重みを効率よく分散させる素材を採用しており、沈みすぎず固すぎず、頭に合わせた寝やすい固さを作ってくれ、頭、首、肩、腕をしっかり支えてくれる枕。「YOKONE2」はさらに、高さの調節が3段階まで可能になっており、硬さの調節も「柔らかめ」と「硬め」の2種類から選択できるようになっています。

20170201yokone2

また、枕カバーは冷感素材を採用しており、寝苦しい夏の夜の睡眠をサポート。首元は肌触りの良い冷えない素材を使用しているので、違和感なく眠りにつけます。

寝姿勢は自分に合った無理のない姿勢にすることが大事。仰向けだとどうも苦しいと感じている人は一度ためしてみるのもありなんじゃないでしょうか。価格は19,440円(税込)。公式サイトからご購入可能です。

ただし、横向き寝は片側が下になり、負担が左右不対称になり骨盤に影響がでることもありますので、合わないと感じられた方は別の寝姿勢にしてくださいね。

[PR Times, 一般財団法人 脳神経疾患研究所 総合南東北病院]
image:iStock

(杉崎一樹)

ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ