1. トップ
  2. 運動
  3. ランニング
  4. 10分で作れる「中敷き」で、ランニングを極めよう

10分で作れる「中敷き」で、ランニングを極めよう

20170227custombalance9

極めるには道は遠いですが…

そういえば、今年の正月にランニングの誓いを立てていました。毎日30分でいいから走り続けようと。

結果は1月中旬で終了。足を痛めたのです。生来のサボりグセもありますが、足を痛めると仕事に行くにも大変になるので、ちょっと様子見をしようかなとしばらくお休みしたらそれっきりに。

今度こそ、長続きできるように、足を痛めない方法を模索中です。やはりここは自分の足に合った靴を見つけるところでしょうかね。

でも自分に合う靴を見つけるのって結構難しいですよね。足の幅もそれぞれ違いますし、足の裏の形も人それぞれですし。かと言って、靴のオーダーメイドは高そうですし。

と思ってたら、ステキなサービスに出会いました。シューズのインソール(中敷き)のカスタムメイドサービス「カスタムバランス」は、個々人の足の形に合わせてシューズのインソールを作ってくれるんです。これがかなり足も身体全体も楽にしてくれるんですよ。

自分だけのインソールでシューズの機能もUP!

20170227custombalance10

当然ですが、足は身体全体を支える土台です。足の裏は建築物で言えば、柱のようなもの。土台のバランスが悪くなれば全体のバランスにも影響が生じます。自分の足裏の形に合わない履物を履いているということは、この土台のバランスを崩しているようなものです。

足にしっかりと合っていないものを無理に身に着けていると、外反母趾や膝を悪くするだけでなく、腰痛の原因になることもあるそうです。

自分にあったインソールを靴に入れると、体全体のバランスの矯正にもつながります。それにどれだけ高性能なシューズを購入しても、それが自分の足に合っていなければ、本来の機能を発揮できません。しっかりと足に合ったインソールを導入することで、シューズ本来の性能も引き出されます。

また「カスタムバランス」の素材は、適度なクッション性と反発性があるので、走る時の衝撃を和らげ、足にかかる負担を少なくしてくれるんです。

たったの10分で自分だけのインソールが作れちゃう

「カスタムバランス」は、足の自然な動きであるウィンドラス現象の仕組みを利用して作ります。

ウィンドラスとは船のいかりを巻き上げる機械のことですが、足の指先を上向きに曲げることで、足底筋膜が巻き上げられ、足のアーチが高くなる現象です。足のアーチが持ち上げられ、元に戻る時の復元力が、歩く時や走る時のバネとなり推進力を生み出しています。

「カスタムバランス」はこのウィンドラス現象を生じた状態を、インソールに形状記憶させるように形どっていくんです。

実際にどう作るのか見せてもらいました。所要時間はたったの10分。靴をどれにしようか悩むより短いかも?

まずインソールを加熱して型をつけやすくします。こちらが加熱用のマシン。
20170227custombalance1

クッションの上に加熱したインソールを置いて、片足ずつ乗せます。
20170227custombalance3

指先を上に伸ばすようにしながら、前後に3往復踏みしめるように体重をかけます。これで形を整えていきます。これがウィンドラス現象の再現ですね。
20170227custombalance4

足を持ち上げてフィット感をチェックします。
20170227custombalance7

最後に靴にセットします。元々入っている中敷きに合わせて横幅などをトリミングして調整します。
20170227custombalance8

使いまわせるので経済的

シューズは、ランニング用、登山用、通勤用など、用途に応じて様々あります。読者の方も靴をいくつも持っているかもしれませんが、この「カスタムバランス」は1組作れば、入れ替えて使いまわせるんです。

例えば、朝のランニングにはランニングシューズに入れて、休日のゴルフの時にはゴルフシューズに、フットサルの時にも専用シューズに入れて使えるんですね。

スタンダードタイプに加えて、薄型タイプや、クッション性を高めたタイプなどもあり、主に使う用途に合わせて選択できるのも嬉しいですね。薄型なら通勤用の革靴に使用も可能だそうです。

価格はスタンダードタイプで8500円(税込)、1組で使いまわせるなら、それぞれの用途のシューズを全て足にピッタリなものに買い換えるよりもお買い得ですね! 購入できる店舗はこちらから検索できますよ。

ランニングを極める道は険しいですが、まずはこれを作って第一歩を踏み出すぞ!

[カスタムバランス公式サイト|日本シグマックス株式会社]
image:iStock

(杉崎一樹)

ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ