1. トップ
  2. ニュース
  3. 部屋干しの湿気を侮るなかれ。快適な洗濯生活を送るための5つのアイテム

部屋干しの湿気を侮るなかれ。快適な洗濯生活を送るための5つのアイテム

室内干し

まだまだ続く花粉の猛攻撃!

だんだんと春模様になってきましたが、天気の良い晴れた日は洗濯物や布団を屋外で干したくなるもの。ちなみに私は、干す前にくんくんと匂いを嗅いでみるとクシャミが止まらなくなることがあります。ホコリって侮れないですよね。

今の時期、花粉で鼻・目・喉がやられて鼻水、くしゃみが止まらず、目のかゆみなどが出てくる人は、花粉を家に招き入れたくないものですし、屋外で洗濯物を干すのに抵抗があることもあるんじゃないかなと思います。

太陽のもとで洗濯物を干すのは気持ちの良いものですが、部屋干しの場合は、室内の臭いと、空気中に広がる衛生面は気になるところです。

部屋干しって衛生的に大丈夫なもの…?

花粉症の時期や梅雨の時期には洗濯物を部屋で干している方も多いかもしれません。でも、濡れた洗濯物を部屋で干すのって衛生的に問題がありそうな気がするのは私だけでしょうか。

そこで少し調べてみました。

2012年の発表ですが、グラスゴー芸術大学の研究によると、室内で洗濯物を干すと大量の湿気が発生し、その影響でダニやカビの繁殖を増進させてしまうそうです。ダニやカビはみなさん知っての通り、喘息やアレルギーの原因になってしまうこともあります。

部屋干しの衛生って甘く見てたかも…。それでもこの現代社会、探してみれば便利なアイテムが発売されているものです。部屋干しに役立つ便利商品を紹介していきますね。

洗濯するときの洗剤選びから

最近は部屋干し用の洗剤が発売されています。例えば「部屋干しトップ 除菌EX」は、部屋干し時の生乾きのイヤなニオイを防ぐことができるという商品。

嗅ぎたくない臭いナンバーワンに掲げても良いと思っている「生乾き」のニオイほど嫌なものはありません。洗剤も見直すと、部屋干しの抵抗感が下がるかもしれませんよ。

服を乾かすなら衣類乾燥除湿器

部屋干し洗濯物にダイレクトに送風してくれて、除湿も完備している部屋干しの味方が衣類乾燥除湿器です。ずっと家にいるわけじゃないから、こまめに換気ができないという方にオススメできる価格帯です。安いものだと1万円しないで購入できるので、1台あると便利!

もちろん浴室乾燥機が付いている住宅であれば、それに頼ってしまうのが良いですね。

衣類乾燥除湿器と一緒に使いたい物干しラック

部屋干しするといっても、干す場所がなければ乾かすこともできません。そこで物干しラックの出番。

大容量でありながら機能的に使える積水樹脂商事の「ほすおー」なら、部屋干しでまず困ることはなさそうです。折りたたんでしまえば収納もラクですし、なんといっても、室内だけではなく、屋外のベランダでも使えます。花粉の少ない時期に、ご近所さんに何を干しているのか見られたくない時にも「ほすおー」はいいかもしれません。

布団は布団乾燥機で

衣類の部屋干しなら乾燥除湿器を使えばいいかもしれませんが、サイズも大きい布団はそうともいきません。そこで布団乾燥機もアイリスオーヤマさんの製品でお世話になっちゃいましょう。もちろん布団だけではなく、ホースを使って衣類にも温風をあてることができるので、衣類乾燥除湿器の代わりとして使うのもいいですね。

パーカーのフードを乾かすなら便利ハンガー

あると便利なのが、パーカーのフードを広げて干せるハンガー。パーカー好きのみなさんは一度は経験したことがあると思いますが、フード部分はなかなか乾きにくいんですよね。パーカー好きなら1本あるといいハンガーです。

花粉きっかけで部屋干しアイテムをご紹介してきましたが、ちゃんと部屋干しアイテムを集めれば、良い感じに洗濯物を乾かせるはず。冬の時期は洗濯しなくても臭いが発生しないから、同じ服ばかり着ちゃってる日もありましたが…洗濯しよっと。

(小松亜矢子)
 

Stacks of coins in a decrease financial concept.
とりあえず、30万円? 病気になったら出て行くお金はこれだけある
2017.09.27

病気になった時、いくらお金がかかるか考えたことはありますか? 病院に行くのであれば、診療費や医薬品費はもちろんのこと、交通費もかかるかもしれません。入院することになったらさらにお金が必要ですよね。 今日はちゃんと考えたこ…

もっと見る
20170430nechusyo4
暑い夏に向けて熱中症リスクを簡単にチェックできるサービスが登場
2017.04.30

気象庁の発表によると、今年の5月から7月は全国的に暖かい空気に覆われやすく、気温も平年並か高い見込みだそうです。暑い夏が苦手は筆者は今から戦々恐々です。 さて、暑い季節に注意しなければいけないのは熱中症。毎年5万人以上の…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ