1. トップ
  2. 食事
  3. 食生活
  4. あなたは大丈夫? 痛みを感じにくい「大人むし歯」がじわじわ増加中

あなたは大丈夫? 痛みを感じにくい「大人むし歯」がじわじわ増加中

20170416otonamushiba2

「歯磨けよ」ってカトちゃんも言ってたなあ。

子どもの頃、歯医者に行くのが大キライでした。行っては泣きわめいて歯医者さんに迷惑をかけまくった記憶があります。

大人になった今でも歯医者は苦手です。ついつい痛みが出るまで放置してしまうんですよね。

しかし、この虫歯には痛みを伴うもの、という意識が実はけっこう曲者のようです。どうやら人は歳を重ねるほど、虫歯の痛みを感じにくくなり、むし歯にかかっても気づきにくくなってしまうんですって。

むし歯を持った大人のほとんどは痛みを感じていない

一般財団法人サンスター財団の研究によると、むし歯を保有している74%もの人間が痛みを感じておらず、しかも年を重ねるごとに痛みを感じにくくなるので、むし歯であることに気づきにくくなるそうです。

特に40代以上になってくると、むし歯の自覚がない人が飛躍的に増える傾向にあるようで、20代でむし歯を自覚していない人の割合は68%なのに対し、40代では76%の人が自覚症状を持っていないとのこと。

20170416otonamushiba3

この気づきにくい「大人むし歯」には厚生労働省によると主に3種類にわけられるそうです。子どもと同じように歯の溝や歯と歯の間・歯ぐきに接する部分に発生する通常のむし歯の他、治療後の詰め物に隙き間に菌が入って再発する「二次う蝕(再発むし歯)」、加齢・歯周病によってハグキが下がり歯の根元にできる「根面う蝕(根元むし歯)」です。

二次う蝕(再発むし歯)」などは、一度治療した箇所ですから、ついうち油断しがちで気づきにくいでしょうね。それに神経を抜いている場合だとそもそも痛みを感じることがないからなおさら気づきにくいですね。

日本歯科医師会によれば、歯が少なくなっている人ほど、認知症などになりやすく、要介護状態の人が多くなるという研究結果もあるそうで、歯のケアは健康寿命にとっても大きな意味があるんですね

20170416otonamushiba

大人むし歯予防は、とにかく自分では気づきにくいこともあって、普段からの予防的姿勢が重要です。まずは当然歯磨き。磨く時は、なるべくむし歯予防に効果的なフッ素入りのハミガキ剤を使うようにし、寝る前に糖質の入った飲み物をなるべく避けるようにしましょう。それと良く噛んで食べること。唾液は食べ物のカスや細菌を洗い流す作用もあり、よく噛むことで唾液の分泌を多くできます。

どれも子どもの頃から当たり前のように言われていることでもあります。しかし、高齢化社会の到来にともない、大人や高齢者のむし歯が増加しており、しかもそれらはとても気づきにくいものなので、ついつい基本的なケアもおろそかにしてしまいがちです。

しかし、長生きするなら、丈夫な歯は何よりの宝物。なにせ一度抜けてしまうと二度と生えてきませんしね。自覚できないからこそ怖い「大人むし歯」。長生きのためには若いうちからしっかりと歯をケアする習慣を身につけたいですね。

[e-ヘルスネット, PR TIMES, 日本歯科医師会]
image:iStock

(杉崎一樹)

ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ