1. トップ
  2. ニュース
  3. こっちは危険だワン! ペットの健康と安全を守るハイテク首輪だニャン

こっちは危険だワン! ペットの健康と安全を守るハイテク首輪だニャン

テクノロジーの力でペットともっと仲良くなろう

chordcollar_20160219_1

自分自身、いつまでも健康な体でいたい。それはもちろんだけど、ペットにも健康で長生きしてほしいですよね。ウェアラブルデバイスがその望みを叶えてくれるかもしれません!

現在クラウドファンディングサービスで資金を募集している「Chord Collar(コードカラー)」は、ペットの行動範囲から健康までまとめて管理できるという、超優秀な首輪です。

具体的には、いつでもどこでもこの首輪が飼い主の代わりにペットとコミュニケーションをとってくれることでペットの安全が確保できたり、心拍数やアクティティを測定する機能を使って健康管理ができるんです。さらにはしつけまでできちゃったり!

chordcollar_20160219_2
例えばペットと一緒に外出した時。ペットにはリード無しに自由に遊んで欲しいのですが、どこか遠くに行っては困ります。そこでChord Collarの出番。ペットが遠くに行こうとしたらこの首輪が「戻って!(Return!)」と声を発してくれるんです。まるで目に見えないフェンスがあるかのように!

chordcollar_20160219_3
さらに、Chord Collarはペットの健康も管理できます。心拍数やアクティビティを測定し、ペットが病気のようならそれを飼い主に伝えてくれます。ペットの心拍数を把握している飼い主はあまりいないと思うので、Chord Collarならこれまでよりももっとペットの健康に気を使うことができそうです。

chordcollar_20160219_4
その他にも、ペットとの簡単なコミュニケーションも可能です。なんだかバウリンガルにも似た機能ですが、ペットに「こっちに来て〜」と、chord Collarを通して自分の声で働きかけることが可能です。

chordcollar_20160219_5
また、ペットを正しくトレーニングするのって、結構難しいですよね。でもそれも、専門家が開発したChord Collarなら心配なし。例えば、ペットにソファーに乗ってほしくない時。自分が見ているときは注意することができますが、自分が外出中ではなにもできません。そんな時にChord Collarとアプリを利用すれば首輪から「降りて!(Down!)」と自分の声を発してペットに指示ができるのです。自分の声で指示できるから、アラームなどの機械的なサウンドよりもずっとわかりやすそうですね!

ペットに言いたいことを全て伝えるのは難しいですが、これを利用すれば、愛するペットとの関係をさらにうまく築けそうです。

chordcollar_20160219_6

Chord CollarはKickstarterというアメリカの会社のクラウドファンディングシステムで開発資金を募集しており、現時点では150ドル(約1万7000円)の出資で1台手に入る権利が購入できます。製品の出荷予定時期は今年の8月。ペットの安全も健康も一気に守れるChord Collar、今後が楽しみなプロジェクトですね!

[WareableChord Collar]
Image: Kickstarter

(塚本直樹)

Stacks of coins in a decrease financial concept.
とりあえず、30万円? 病気になったら出て行くお金はこれだけある
2017.09.27

病気になった時、いくらお金がかかるか考えたことはありますか? 病院に行くのであれば、診療費や医薬品費はもちろんのこと、交通費もかかるかもしれません。入院することになったらさらにお金が必要ですよね。 今日はちゃんと考えたこ…

もっと見る
20170430nechusyo4
暑い夏に向けて熱中症リスクを簡単にチェックできるサービスが登場
2017.04.30

気象庁の発表によると、今年の5月から7月は全国的に暖かい空気に覆われやすく、気温も平年並か高い見込みだそうです。暑い夏が苦手は筆者は今から戦々恐々です。 さて、暑い季節に注意しなければいけないのは熱中症。毎年5万人以上の…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ