1. トップ
  2. 健康豆知識
  3. トイレはキレイに保ちたい。立ち小便で的を外さないためにできること

トイレはキレイに保ちたい。立ち小便で的を外さないためにできること

A businessman with hands in pockeys standing in front of a target through which he can see New York. Back view. Black background. Concept of achieving a goal.

今回はひとつ冒頭で公言させてください。「座ってやれば?」って言わないでほしいんです。

立って小便をすると、陰部が思わぬ方向を向いていたり、急に尿が飛び出してきたりすることがあるのが男子の悩みのひとつではありますよね。なんでそっち行っちゃうの!そっちじゃなくてこっちこっち!とやっている間に尿は床へ一瞬で到達します。そんなこともある男子のトイレ事情。

もちろん立ち小便にはいろんな見解があるのですが、もっとも根本的な話として、どうして的がはずれてしまうのでしょうか。世界中の女子は不思議で仕方がないと思うのですが、ここは男子のお話ということで。今回は「立って小便をするときに尿を飛び散らせない方法」を考えてみたいと思います。

的を決める

立ち小便で的をはずしてしまう理由のひとつに、的を絞り込めていないのではないか。または、狙うべき的の位置が間違っているのではないか。という2つの疑惑があります。これにはためしてガッテン!がすばらしい結論を導いていました。

立ち小便を家庭用の洋式便器でした場合に、便器の中のどのスポットへ狙いを定め、スポットごとにどれだけの飛び散り具合なのかを表したのが以下のデータ。

  1. 便器をまたいで真上から水たまりを狙う・・・77滴
  2. トイレットペーパーを水たまりに浮かべる・・・154滴
  3. 手前の斜面を狙う・・・277滴
  4. サイドの壁を狙う・・・293滴
  5. 水たまりを狙う・・・372滴
  6. 奥の壁を狙う・・・7550滴

適数で表されている数字がありますが、最も尿が飛び散らないのは便器の中で手前の斜面を狙うということが分かっています。心理的に、手前のほうではなく奥を狙えば、自分へハネ返ってこない様な気がして、パンツやズボンを汚すことは少ないかと思ったんですが、もうこれからは奥の壁を狙うのはやめて、手前手前へ集中させたいと思います。

解決策1:アイテムに頼ってみる

小便時は尿の開放感から集中力が切れることも多いですが、的を外さないためのアイテムがありますので、。

アタルーニョ

002

便器に貼り付けるタイプの的ですが、こちらのアタルーニョは他のシールタイプの商品とは異なります。ダイナマイト、空き缶、燃料タンクとそれぞれの的は立体的に作られていて、ただ的に当てられるだけではなく実際に容器に貯める感覚を味わえるのです。男子トイレにこんなエンターテインメントがあるようです。

解決策2:しっかり持つ

男子あるあるですが、トイレで手を使わないという話を聞いたことがあったり、公共トイレでは見たこともある人が多いはず。パンツ降ろすときに触らなければ洗う必要はないのだと。そこは仮に手を使っていなかったとしても手は洗うといいですね。

そして、ぜひ手でしっかり持って的を便器の手前へ狙ってください。そのあとは石鹸で手を洗ってください。

そうはいっても的をはずしてしまうこともありますよね。そんなときは潔く自分で掃除しちゃいましょう。トイレ掃除ができる人って素敵ですしね。

公共トイレでは、壁に設置されているTOTOやLIXILの縦型の場合はどうなるのか気になるところですので、後日検証してみようと思います。

(healthy L編集部)

陣痛の時、移動はどうする?
1人の時に陣痛がきたら、何も言わずにタクシーを呼ぶのが正解?
2017.11.07

地域と、陣痛タクシーの有無によって違いますけどね。 3年前、初めての出産で里帰りしている中、ふと疑問が頭をよぎりました。「一人でいるときに、陣痛が来たらどうしよう?」って。 実家の母がいてくれるものの、母がいないときに陣…

もっと見る
Stacks of coins in a decrease financial concept.
とりあえず、30万円? 病気になったら出て行くお金はこれだけある
2017.09.27

病気になった時、いくらお金がかかるか考えたことはありますか? 病院に行くのであれば、診療費や医薬品費はもちろんのこと、交通費もかかるかもしれません。入院することになったらさらにお金が必要ですよね。 今日はちゃんと考えたこ…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ