1. トップ
  2. 食事
  3. レシピ
  4. フォトジェニックで簡単に作れる「ユニコーンヌードル」って知ってる?

フォトジェニックで簡単に作れる「ユニコーンヌードル」って知ってる?

皆様、今年も暑い夏(今年の東京は天気悪かったですが…)でしたね。いかがお過ごしでしたか?

私は案の定夏バテしてしまい、食事の量が以前とは比べ物にならないくらい減ってしまいました。
もう全っ然食べられなくなってしまいまして…。味の濃いものは見るだけでちょっと気持ち悪くなります。
きっと皆様の中にも、私と似たような状況の方いらっしゃるかと思います。

さて、本日はそんな私と皆様にピッタリの、暑い夏で萎んだ胃でも食べれる上に、サッパリしていてカンタン作れる!しかも、最近話題のインスタ映えまで狙えちゃうレシピを紹介したいと思います。

早速作ってみよう!

スクリーンショット (1)

材料(2人前)

・緑豆はるさめ・・・100g(乾燥時)
・紫キャベツ・・・ 1/2を2枚ほど
・酸味の強い柑橘類(レモン、ライムなど)・・・1/4
・お好み野菜&フルーツ&ナッツ・・・適量(好きな量)
・お好みドレッシング(動画:マヨネーズ&スイートチリソースミックス)

手順

・水を入れた鍋を火にかけます。
・沸騰し始めたら、はるさめと適当な大きさにちぎった紫キャベツを一緒に茹でて、青いはるさめを作ります。
・茹で上がったはるさめをザルに上げ冷まします。(冷水に流してもそのままでも可)
・好きなお野菜や果物を、好きな形にカットします。
・お皿にはるさめ、お野菜、果物とナッツを盛り付けます。
・レモンを添えて、ピンク色にしたい部分にレモン汁を絞りかけたら完成です!
お好きなドレッシングをかけてお召し上がり下さい

ポイント

・紫キャベツを茹でる際、数量でも綺麗に色がにじみ出てきます。節約されたい時は少なめに入れても大丈夫です。
・茹で上がった紫キャベツはお味噌汁や煮物、炒め物などに使用出来ます。
・残った青い茹で汁で、パスタやごはんを炊くと青くなります!
・はるさめの代わりに、パスタを使用すると青いパスタサラダが出来上がります。
・パクチーやバジル、ミントと言ったハーブを入れるともっと美味しくなります。

そもそもユニコーンって何?

unicorn with rainbow in the galaxy

ところで皆様、どうしてユニコーンって言うのか気になりませんか?
ユニコーンとは、海外で流行中の『パステルカラー&レインボー色な何か』を意味していて、主にパープル、ピンク、水色がベースとなっています。
だから今回の食べ物もユニコーンヌードルって言うんですね。

なぜ青くなるの?

紫キャベツには、酸性とアルカリ性によって色が変化する色素「アントシアニン」が含まれているとされています。そのアントシアニンは水に溶けやすい性質のため、紫キャベツを茹でるとアントシアニンが溶け出してお湯が青くなり、春雨に色が付きます。
また、今回加えた酸性(酢、レモンetc)を加えるとピンク色になる他、アルカリ性(野菜、海藻、重曹etc)を加えると緑色にも変色するのでお時間ある方はやってみてください!

アントシアニンの効能って?

part of red cabbage on table

アントシアニンには
・視神経を支える、ロドプシン色素の再合成を促す事により、眼の疲れを癒したりする
・抗酸化作用により、活性酸素の生成を抑制して血液をきれいにする
と効果があるとされています。

さらに、青色や紫色には、
・心を落ち着かせる
・自律神経を整える
などの効果があると言われています。

また、紫キャベツの他にアントシアニンが含まれる食べ物として挙げられるのは、ブルーべりー、カシス、プルーン、ナス、黒ゴマ、黒大豆、黒玄米などが挙げられます。

今回紹介したユニコーンヌードルの他にも、アントシアニンが含まれる食べ物を沢山食べて、日差しや紫外線にも負けない強い体と強い心手に入れましょう!

画像:istock
(healthy L編集部)

ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ