1. トップ
  2. 運動
  3. エクササイズ
  4. トレーニングチューブひとつで、自宅で簡単に脱・ぽっこりお腹

トレーニングチューブひとつで、自宅で簡単に脱・ぽっこりお腹

忙しくてなかなか運動する時間がない。でも引き締まった身体がほしい。特にお腹周りは、脂肪が付きやすいし目立つから気になりますよね。

そうは言っても、続けられるトレーニングってなかなかない…。

tube_20160219_1

そこでオススメなのがトレーニングチューブを使ったトレーニングです! 中村アンさん黒木メイサさんなどの芸能人がこぞって指名するReebok CrossfitのパーソナルトレーナーAyaさんは、彼女監修のトレーニングチューブを使って生活の一部にフィットネスを取り入れることを推奨しています。

トレーニングチューブはゴムチューブの伸縮性を重荷に利用して筋トレをするので、自分に合った強度で適度に、簡単な動作で身体を鍛えることができます。場所を取らないので自宅のちょっとした空間で使うことができるのも便利です。

a resistance band isolated on a white background

そこで今回は、そのトレーニングチューブを使って簡単にお腹周りを鍛える方法をご紹介します。

くびれをつくるトレーニング

横っ腹と呼ばれる部分の「腹斜筋」を鍛え、くびれをつくるためのトレーニングです。

tube_20160219_2

1. まず、チューブを左足の下に固定する
2. もう一方のチューブの端を両手で持ち、斜め右上に向かって伸ばす
3. 伸ばしたチューブを斜め左下の肘あたりまで戻す
4. 反復の最中はお尻と腰を意識し、腕を伸ばすと同時に腰もひねる
5. ゆっくり最初の位置に戻し、左右それぞれ12回繰り返す

お腹の両サイドを鍛えるトレーニング

「腹斜筋」を鍛え、脇腹のたるみを落とすためのトレーニングです。

tube_20160219_3

⒈ おしりを床につけ、姿勢を45度起こし、膝を少し曲げる
2. 両足に引っ掛けたチューブの端部分を持ち、身体の中心に持ってくる
3. そのまま両手を腰の真横に持ってくる
4. これをゆっくり、腹筋を意識しながら12回繰り返す

お腹のインナーマッスルを鍛えるトレーニング

お腹の正面にある「腹直筋」といわれる筋肉を鍛え、へこんだお腹をつくるためのトレーニングです。

tube_20160219_4

1. 床に仰向けになり、片方の足をチューブに引っ掛ける
2. 腕を曲げ、肘の少し上部分にチューブを巻き、端を鎖骨のあたりで持つ
3. ゆっくり90度くらいまで足を上げる
4. 膝を見ずにゆっくり元の場所に戻す
5. これを左右12回ずつ

腹筋下部を引き締めるトレーニング

「腹直筋」の下部を鍛え、ぽっこりお腹を防ぐためのトレーニングです。
tube_20160219_5 2tube_20160219_6 2
1. 床に仰向けになり、チューブを両手で持つ
2. チューブの中心に足をひっかけ、天井に向かってまっすぐ足を伸ばし、90度まで上げる
3. ゆっくり元の場所へ足を戻す
4. これを10回繰り返す

動画はコチラ。

このようにトレーニングチューブを使えば短時間で、しかも自分のペースで身体を鍛えることができます。

適度な運動はシェイプアップだけでなく、ストレス発散や睡眠習慣の改善にも繋がるようです。ちょっとした空き時間に、無理せずトレーニングを続けて、理想の引き締まった身体をぜひ手に入れてください!

[BODY ROCK, POPSUGAR., Women’s Health, TopShelf Clothes]
image: Pixabay, BODY ROCK, POPSUGAR., Women’s Health, TopShelf Clothes

(中野博子)

ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ