1. トップ
  2. おしらせ
  3. ウェルビーイングというテーマで更新を再開します

ウェルビーイングというテーマで更新を再開します

メディアとウェルビーイング

こんにちは。healthy L(ヘルシーリビング)の大野といいます。

これまでhealthy Lはヘルスケア・ウェルネスといったテーマで記事コンテンツを中心に発信をしていましたが、社会への価値貢献といった考えからすると、ヘルスケア・ウェルネスという言葉が適切なのか分からなかったため、あらゆる角度からメディアを見直していた結果、ヘルスケアという領域で実現できることの少なさと、メディアで発信していきたい方向性とズレていることに気づきました。

メディアとしてやりたいことは、心身共に健やか・幸福な状態を表す「ウェルビーイング」というテーマであるという考えにいきついたため、これからは健やかな状態を日常生活の中でいかに作っていき、未来の健康というものをどうやって手に入れるのか。そういった示唆に富んだメディア作りをしていきたいと考えています。

なぜウェルビーイングという領域でやっていきたいと考えているかというと、「死」というものを少しでも意識した瞬間から、目の前に広がる景色が一変する経験をしたからです。

おおよそ30年ほどしか生きていない人生経験の中で、身近な人の「死」を目にしてきました。人間はいずれ死んでしまうんだという現実を感じたこと。そして、日本人の寿命が伸び続けている現状から、どのように生きていくのか?といった社会的な課題は今後も増していくだろうと思った時に、このメディアを立ち上げようと思ったのです。

人生100年時代はどんな世界なのか

すでに多くのメディアで言われていることですが、日本は世界中の国の中で一番早く人生100年時代を迎えると言われており、世界が日本に注目を集めています。高齢化と長寿の二つが同時に進んでいる国は他に例を見ないためです。1人1人が100年生きるようになれば、生の時間が延びます。そうすると、人生に使える時間が増えるため、より良い人生とは何かを考えるきっかけが増えるだろうという仮説のもと、ウェルビーイングという考え方の重要性は増していくと考えています。

僕は男ですが、女性へ「100歳まで生きる可能性もあるんじゃない?」と問いかけると、「そんなに生きたくない」という30歳前後の方が多いように思います。綺麗なうちに人生を終えたいという意図や、長生きすることによって1人でいる時間が寂しいからといった意味を含んでいるようなのですが、長生きしたくないというのはなんだか寂しいものですねぇ。

さて、話題を一転させますが、100年生きる時にどんなことが必要になってくるのかを考えてみます。

今30歳の人は残り70年を生きると仮定します。健康寿命(自立して過ごせる期間)は男性72歳、女性74歳という情報をもとに考えると、健康な状態のまま生きられるのが男性では42年。女性では44年となります。それ以降、年齢を重ねていけば何かしら健康上の問題で日常生活が制限されることになると考えられます。

運動・食事・睡眠といった基本的な健康要素を意識することはもちろんのこと、生活を構成するものとして、人間関係や人とのコミュニケーション、孤独との付き合い方など、精神的なメンタルを良好な状態へ保つことも必要ですよね。

生きる=お金が必要というのも忘れてはいけない事柄です。生きる期間が延びる可能性があるということは、仕事をいつまで続けるのか、いつ仕事をやめるのか、そういった計画を立てておくことは重要であると考えます。

日本では働き方改革が進行中ではありますが、会社員でいるだけで、人生100年のお金・資産を作り出すことができるでしょうか?お金をどうやって生み出すかは大きな課題になると考えています。暗号通貨・仮想通貨への投資・投機が日本だけ突出して増えているというのはリターンを得るための行動として考えれば、寿命が伸びているという事実と、それに付随する資産形成をどのように作って行くかという点から、仮想通貨で利益を得ていく投資スタイルに注目する日本人の気持ちもわかるような気がします。

ウェルビーイングな状態を作るためにできることは?

ウェルビーイングを構成する要素を見ると、ざっくり健康・お金・感情の3つが大きく占めるのではないかと考えられます。

healthy Lで考えるウェルビーイングでは、一般人・生活者の人々が身近に感じられるものであることが中心です。人が生活しているシーンから考えてみると、例えばオフィス空間・寝室・リビングなどの居住空間・人とどういったコミュニケーションを取っていくことが良好な状態を保てるのか…。そういった情報をあらゆる角度から考え、企画へ落とし込み、コンテンツを提供し続けていきたいと考えています。

ウェルビーイングという目に見えづらい無形なものをどのように構築していくのか。みなさんと一緒に考えられれば幸いです。

(大野恭希)

ビジネスパーソンに読んでほしい。リクナビNEXTジャーナルさんと共同企画を開始しました
2016.10.03

睡眠、舐めちゃいけませんぜ。 healthy livingでは、他社さんのウェブメディアと共同で記事の制作・企画を進めているのですが、この度、ビジネスパーソンのためのキャリアとビジネスのニュース・コラムサイト「リクナビN…

もっと見る
【在宅リモートOK】ヘルスケアメディアのライター・編集アシスタントを募集しています
2016.09.23

こんにちは。代表の大野です。 healthy living(hl)では、メディアコンセプトである「未来の健康を手に入れる」をもとに、読者ニーズを踏まえ制作体制を強化しながら、コンテンツ制作を進めています。 ヘルスケアに関…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ