1. トップ
  2. ニュース
  3. 敵か味方か? 妊娠や健康状態を察知するビッグデータ

敵か味方か? 妊娠や健康状態を察知するビッグデータ

「年齢+子供の数+薬の購入履歴+検索履歴」で妊娠しているかが判明!?

She is going to be a mom soon. Beautiful pregnant young woman touching her belly and smiling while sitting on sofa

妊娠は本来、おめでたいもの。愛すべき家族が増え、「授かりもの」なんて言うことも。しかしその一方で、勤務先の企業にとっては喜んでばかりいられないもの。従業員の妊娠や健康状態を早く察知することで、対応策を事前に考えられないものか…。

そこで今、注目を集めているのがビッグデータです。この新たなテクノロジーが、「授かりもの」である妊娠を本人の知らないところで予測するようになってきているのです。

Businessman touching financial dashboard with key performance in

ビッグデータとは、ビジネスに役立つ緻密で膨大な情報のこと。天気を予報する際に利用される過去の膨大な気象データもそのひとつです。

アメリカでは、Castlight HealthやWelltokといった健康関連データ会社もこのビッグデータを利用して、個人の健康状態を予測するサービスをはじめています。ウォール・ストリート・ジャーナルの報道によると、多くの企業がこのようなデータ会社を利用することで、従業員の健康状態を把握したいと考えている模様。

ウォールマートもそんな企業のひとつで、従業員がより健康的に生活したり、ヘルスケアに関してより適切な判断をするのに役立つと考えています。このサービスを使うと例えば、健康上のリスクがある従業員に「健康上のお役立ち情報やお医者さんへの推薦状、参考になる治療法の案内など」が記載されたメールをデータ会社が直接送ってくれます。

さらに、Castlight Healthが展開するCastlight Actionというシステムでは、女性の年齢/子供の数/避妊薬を飲んでいるか/ヘルスケアアプリでの検索履歴などのデータから、その従業員が妊娠しているかどうかを予測し、妊娠前ケアに関するメッセージを送ってくれます。

ですが実際、ウォルマートの従業員の中にはこのサービスに関して良く思っていない人もいるよう。申告していないにも関わらず、勝手に自分の健康状態を知られているだなんて、確かになんだか気持ち悪い気もしますね。

でも安心してください。現時点では、これらの個人データは企業側には明かされないことになっています

そりゃそうですよね…。自分のプライベートな健康に関する予測まで会社に知られてはたまりません。

20160321_bigdata3

ただし「社内に糖尿病リスクの社員が1500人いて、妊娠の可能性がある女性は460人いる」などのデータの提供は行なっているよう。

プライバシー保護のため個人を特定せず、企業側のリスク管理のため人数で健康上の予測を伝えているのですね。

ヘルスケアの分野でもビッグデータが利用されるというのは、自分の今の健康状態に合った情報が自動的に受け取れるようになる、という便利な側面がある一方で、企業側がその情報を利用できるできるかもしれないという懸念もある、というリスクを今回のニュースは教えてくれます。現状では企業が個人の健康データを受け取ることは禁止されていますが、はたしてそのモラルは遵守され続けるのか…それは誰にもわかりません。

コンピューターの進化は人の生活を幸せにすると信じられてきたはずですが、一方では映画の中の世界のように「コンピューターにプライベートな情報までも握られてしまう」というリスクも、同時に生まれているのです。

[The Verge]
image : iStock , Wikimedia Commons

(塚本直樹)

SNSで癒されると話題のちぃたん☆から目が離せない!
2018.03.23

Twitterで癒される、かわいいと人気がジワジワ上昇中の「ちぃたん☆」をご存知でしょうか。 今、私が一番癒やされているゆるキャラで、毎晩寝る前にSNSをチェックするのが日課になりつつあります。かわいい。 ちぃたん☆は、…

もっと見る
これからはすぐコンプ。完全バランス栄養食ドリンク「COMP Drink」が発売
2018.03.09

最速のCOMPが誕生。 完全バランス栄養食のCOMPから、飲むCOMPが誕生しました。これまでパウダー・グミタイプの完全栄養食として発売されてきたCOMPが、ドリンクタイプで登場するのは画期的な発明。パウダータイプの場合…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ