1. トップ
  2. 睡眠
  3. 睡眠の質
  4. 2ページ目
睡眠の質の記事一覧

睡眠の質を高め、健康的な生活を送るためにしたいことを記事としてまとめています。

今度こそ!最高の睡眠を手に入れるためのテクニックまとめ
2016.10.24

人生の1/3は睡眠と言われおりますが。 今回は、『すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な”方法』や『あなたの人生を変える睡眠の法則』などの書籍を書かれている、作業療法士の菅原洋平さんからの寄稿です。 菅原さ…

今からできる!気持ちいい睡眠を取るための30のコツ
2016.10.07

寝付きがいい時と悪い時ってありませんか? 実は人間のリズムは24時間周期ではなく25時間、26時間周期とも言われており、そのリズムが影響している結果、眠る時間、起きる時間がズレていくのだと思われます。その他に、季節性も関…

8 years sleeping child on the bed, bedroom
とことん自分に都合よく。心安らかに眠るための2つのコツ
2016.09.06

働いていれば、いろいろとダメージをくらうこともありますよね。 その時は「気にしない…平常心だ…」と持ちこたえても、夜ようやくベッドにたどり着き、さぁ寝ようという時にかぎって、なぜか思い出したりしませんか? そんなこと思い…

Good morning world!
寝れない原因はパジャマ!? 着るタイミングやデザインが睡眠の質をガラリと変える
2016.09.05

「おっ、もうこんな時間だ。そろそろ寝るか…」 そういって布団に入って数分。…眠れない。さっきまでちょっと眠かったはずなのに。がんばって目をつむるも、うっすら見えるたこ足配線タップの電源光が妙に気になり始める…。 なかなか…

Young woman hugging her pillow as she sleeps in her bed
無呼吸症候群になりにくい! 意外と知らないうつ伏せ寝のメリット
2016.09.02

うつ伏せ寝で疲れが取れるなら試さなきゃ! みなさんは寝る時どんな姿勢で寝ていますか? 仰向け? 横向き寝? またはうつ伏せ? うつ伏せ寝には睡眠の質が高まるというメリットがあるそうなんです。 私が今一番欲しいものといえば…

リズムが大切。充実した眠りに就くために知っておきたい睡眠のこと
2016.08.01

昔は日の出とともに起き、日の入りととも眠るのが常でした。 しかし現在、現代人は深夜勤務や勉強、趣味などのさまざまな理由から、眠りと目覚めの生体リズムが不規則になっています。そこで今回は、ぐっすり眠れてすっきり起きることが…

いびきをかく人は要注意。慢性疲労の元となる睡眠時無呼吸症候群ってどんな病気?
2016.07.29

現代人のほとんどが、慢性的な睡眠不足と言われています。十分な睡眠時間を取っているにも関わらず、日中睡魔に襲われるのは、睡眠時無呼吸症候群が原因かも知れません。 睡眠時無呼吸症候群とはどんなものか? 10秒以上呼吸が止まっ…

体に疲れを残さない! 「寝コリ」解消のために守りたい就寝前の5ヶ条
2016.06.21

爽やかに目覚めたい。 朝起きると肩周りが固く、なんだか体が重い。睡眠をしっかり取ったはずなのに疲れが残っている…。そんな時は気分もどんよりしてしまいます。 この「寝コリ」状態をそのままにしておくと、慢性的なコリとなってし…

色ってこんなに効果あったんだ。7つの色と人間の関係
2016.04.28

宇多田ヒカルさんが活動を再開しましたね。もう新曲は聴きましたか? 彼女のこれまでの作品は名曲ばかり。その中で好きなものの1つが『COLORS』です。聴く度に、あぁいい歌詞だなぁと惚れ惚れ。タイトル通り、色の持つイメージや…

Sunrise with strong color clouds light rays and other atmospheric effects
すがすがしい朝を迎えるために。最高の睡眠を取るためのルール
2016.04.12

「ベッドが僕を離さないので、今日、会社休みます」って、言いてぇぇぇーーー! (言えねぇ…) ふぁぁぁ…眠い。ゆうべも夜中まで仕事だったから、今日は1日中でも寝られる気がするよ。この世で一番憎らしい物のひとつって朝の目覚ま…

ページの先頭へ