1. トップ
  2. ニュース
  3. いつだって平常心を。不安な気持ちを浄化する方法「グラウンディング」

いつだって平常心を。不安な気持ちを浄化する方法「グラウンディング」

Psychologist comforting his patient

瞑想に近いですけどね。

14日に最初の揺れを記録してから、現在もまだ余震が続いている熊本県や大分県などの九州地方。現地の人はもちろん、その辺りに家族や友人がいる人も、心配で知らぬ合間にストレスを抱えているのではないでしょうか? どうしても心がざわついて日常生活に支障が出る、冷静な判断ができない。そんなときにぜひ試して欲しいのがグラウンディング

意識を自分に向け、心身のバランスを整える

グラウンディングとは、英語でしっかり地に足が付いた状態のことを言います。そこから、心がゆらいでいるときに、地に足をつけ自分の軸を強化し無駄な感情やエネルギーを外へ出すことを、このように呼ぶようになりました。

グラウンディングにはいくつか種類があるのですが、ここでは災害早期に支援者が行う心理的支援方法として使用されるマニュアル「サイコロジカル・ファーストエイド」に記載されているやり方をご紹介します。

・楽な姿勢で座ってください。足や腕を組まず、ゆったりとリラックスさせてください。

・ゆっくりと深く呼吸をしてください。

・まわりを見渡してみましょう。目に映るもので嫌な気持ちにならないものを5つ、あげてください。たとえばこんな感じです。「床が見えます。靴が見えます。テーブルが見えます。椅子が見えます。人が見えます」

たったこれだけ。ですが1つ1つ意識してやるだけで、いらない考えが消え、だいぶ穏やかになれるような気がします。

ほかにも、車や風の音などの周りで鳴っている音や、足の裏と地面が触れているなどのからだに触れている部分の感覚を5つ意識してあげるのも効果があるみたいです。

困難なときにこそ、冷静になりたいもの。グラウンディングを行うことで、少しでも心が落ち着き、適切な行動や前向きな生活を取り戻せますように。

[サイコロジカル・ファーストエイド , LAURIER]

(山田佳苗)

Boseから「睡眠用」ワイヤレスイヤフォン発売
2018.06.21

いびきを打ち消してくれるって新しい! Boseのワイヤレスヘッドフォン系は満足度の高いノイズキャンセリング機能が付いているのが特徴ですが、新しく発表された「Bose noise-masking sleepbuds」は眠り…

もっと見る
月10万円保証のライター仕事制度が実証実験開始
2018.06.20

クラウドソーシングサービス大手のランサーズが、フリーランスのライターに向けて、ベーシックインカムならぬ「ベーシックワーク制度」の実証実験を開始すると発表しました。 ベーシックワーク制度は、仕事を保証する教育プログラムとい…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ