1. トップ
  2. ニュース
  3. WHO、タバコシーンがある映画を「成人向け」にするよう勧告

WHO、タバコシーンがある映画を「成人向け」にするよう勧告

20160202tabacco

肩身が狭いというよりは、肩身すらなくなってくるのかもしれません。

世界保健機構であるWHOは、タバコを吸うシーンがある映画やドラマなどについて、「若者を喫煙に誘導している」とのことから、各国へ成人向けにするよう勧告しました。現在、映画やドラマについての規制はない一方、タバコ広告の規制は世界中で強まっています。

日本国内の作品では、宮崎駿作品「風立ちぬ」の主人公がタバコを吸うシーンが多く、賛否両論を巻き起こしたことは記憶に新しいですね。

そんなこんなで何かと話題に上がるたばこ。最近は加熱式たばこと言われる「iQOS」を持っている人も見かけますが…。煙たいのは嫌です。

[NHKニュース]
image:visualhunt.com

(healthy living編集部)

Boseから「睡眠用」ワイヤレスイヤフォン発売
2018.06.21

いびきを打ち消してくれるって新しい! Boseのワイヤレスヘッドフォン系は満足度の高いノイズキャンセリング機能が付いているのが特徴ですが、新しく発表された「Bose noise-masking sleepbuds」は眠り…

もっと見る
月10万円保証のライター仕事制度が実証実験開始
2018.06.20

クラウドソーシングサービス大手のランサーズが、フリーランスのライターに向けて、ベーシックインカムならぬ「ベーシックワーク制度」の実証実験を開始すると発表しました。 ベーシックワーク制度は、仕事を保証する教育プログラムとい…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ