1. トップ
  2. 働き方
  3. AIに聞いてみたら驚きの「働き方」提案をされた

AIに聞いてみたら驚きの「働き方」提案をされた

AI (artificial intelligence) concept.

3月3日に放送されたNHKスペシャル『AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン 第2回 働き方』。

司会にマツコ・デラックスさんと有働由美子アナウンサー、テーマが「働き方」とあれば私的には観ない訳にはいきません。マツコさん大好き。

この番組は様々なテーマの抱える問題を元に、NHKが独自に開発したAI(人工知能)「AIひろし」に解決策を聞いていくというもの。

AIひろしは、「延べ21万人の働き方に関する調査データ」「世界中の論文約5000万本とニュース約250万件」「ある会社の社員50人についての2ヶ月間の調査」などの情報がインプットされています。この膨大なデータから、AIひろしが導き出す答えについて紐解いていく番組というわけです。

AIが提案する予想外の「働き方」

今回の問題点は大きく「長時間労働」「仕事の効率化」「仕事で抱える人間関係のストレス」「給与」について。

AIひろしはデータを元に統計的に4つの回答を導き出しました。

・仕事の効率を上げたいなら、11時間54分以上働け
・お金にゆとりがなくても蛇口をこまめに閉めなければ仕事に満足できる
・ストレスだらけの人は結婚・出産祝を贈れ
・仕事で忙しい人は道の駅に行け

これだけみるとどういうこと!?って感じですよね。

ちなみにこのAIには、健康データが入力されていないため、労働が人体に及ぼす影響などは加味されていません。個人的には、ここはすごく重要なポイントだと思います。本来であれば、こういったデータも含めて解決策を目指すべきだと思うのですが、今回はそういったデータは含まれなかったようで残念です。

これらの提案は、職種による捉え方や状況の違いはあると思いますが、ここでは編集という仕事をしている私の目線から理解したことをまとめてみたいと思います。

仕事の効率を上げたいなら、11時間54分以上働け

Team at work.

これは、効率というか、没頭している時間が長いと生産性が上がるということで、毎日これだけ働け、と言っているわけではないこと。確かに集中して作業がノッてきているときに、定時だから帰りましょう、と中断されたらいい影響はないでしょう。

人によってはパフォーマンスが高くなる時間帯はまちまちですし、この期間集中的に頑張りたいというタイミングもあるはず。

個人的には、集中できるときにはある程度時間を気にせず働きたいなと思ったりもします。

そして、特にクリエイター系の働き方は自由度が高い方が、インプットやアウトプットが柔軟にできるのではないでしょうか。もちろん、成果はきちんと上げる前提です。

お金にゆとりがなくても蛇口をこまめに閉めなければ仕事に満足できる

business concept money of glass and growht small tree

プライベートの細々したことを気にせず、仕事にやり甲斐を感じて取り組んでいる人の方が仕事の満足度が高い、ということが話されていました。お金のことは少し置いておいて、やはり仕事以外でストレスを感じることが少なく、業務に集中できる環境にいる人の方が満足度が高いということでしょうか。

でも個人的にはお金に関してゆとりがない状態というのは、長期的にみると人へ良い影響は与えず、仕事にも不満を持つようになるような気がします。仕事を頑張った分、お金がついてくるのが理想ですが、そうも言えないことが多い世の中。とはいえ、お金は大事です。

ストレスだらけの人は結婚・出産祝を贈れ

Gift or present box and beautiful ranunculus flower on white table from above for wedding mockup or greeting card on mothers day in flat lay style.

これはなんとなく納得。

人が幸せな姿をみるのはこちらも幸せになるし、贈り物を贈ることで喜んでもらえると、幸せを分けてもらったような気持ちにもなります。結婚・出産祝といわず、ちょっとしたときにプチプレゼントを贈る習慣って個人的には好きです。

これってストレス解消になってたのかも?

仕事が忙しい人は道の駅に行け

Fresh healthy bio fennel and carrots on Paris farmer agricultural market

そもそも仕事で忙しかったら道の駅なんて行けないし!って声が聞こえてきそうですが…。

恐らくこれは、どこかで気持ちを仕事から引き離さないといけない、ということなのかなと。道の駅にいくと地元の名産や取り組み、いろいろな人と触れ合えるので普段関わらないタイプの方たちの「働き方」や「生き方」を垣間見ることが出来るかもしれません。

いつもと違う環境に自分を置くことは、刺激になって仕事へいい影響を与えてくれそうです。しかし、こういった行動を起こすためには、それなりの気持ちの余裕が必要に感じます。ですので、自分を失ってしまうくらい仕事に心が侵食されている人は、どうか一度立ち止まって道の駅とはいわなくても、いつもと違うところでお茶でも飲んでみるといいかもしれないと思いました。

最終的に「働き方」を決めるのは自分

今回のAIからの提案だけをみると、「え!?」と思わせるものが多かったのですが、個人的には分解して解釈していくと(番組での解説とはまたちょっと異なるかもしれませんが)そこまで突拍子もないことは言っていないかもしれないと感じました。

今回の番組が放送されたことで、個人が「働き方」に意識を向け、自分の意見を持つことのきっかけになったなら、AIの提案は人を変える1歩目を動かせたと言えるのかもしれません。

ただ、最終的にどう働いていくか「働き方」、どう生きていくか「生き方」を決めるのは自分自身。AIが決めるものでも、他人が決めるものでもないのです。

だからこそ外的要因ばかりに気を取られずに、今できることや自分が選択できることをしっかり知って、自分の理想とする形を見つけられて一歩でも近づけるといいなと思いました。

AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン – NHK

(伊藤嘉子)

月10万円保証のライター仕事制度が実証実験開始
2018.06.20

クラウドソーシングサービス大手のランサーズが、フリーランスのライターに向けて、ベーシックインカムならぬ「ベーシックワーク制度」の実証実験を開始すると発表しました。 ベーシックワーク制度は、仕事を保証する教育プログラムとい…

もっと見る
【副業サラリーマン】動画制作を副業にしてどうやって儲けるのかを分析する
2018.06.20

社会人3年目に入り、なおいっそう「会社に依存せず、自分一人でも稼げるようになりたい」という気持ちが強くなったこともあり、動画制作を副業として、まずは2018年12月までに1万円/月の収入を得られる状態をつくりあげることを…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ