1. トップ
  2. ニュース
  3. 今に集中するために「今に集中」する。禅とマインドフルネスの違い

今に集中するために「今に集中」する。禅とマインドフルネスの違い

Stone wash basin found in Japanese gardens. Annex landscape thing of a Japanese garden. Washbowl for a tea-ceremony room

こんにちは、福井県の永平寺で修行経験のある安齋です。

2016年にNHKで放送された「キラーストレス」特集。この番組は世間で話題になりました。今やグローバル企業であるグーグルやインテル、ゴールドマン・サックスといった世界的企業の社員が、ストレス対策に本腰を入れて取り組み始めています。

そもそも、マインドフルネスって何なのでしょうか? NHKの番組では、マインドフルネスを次のように定義していました。

マインドフルネスとは、「今の瞬間」の現実に気付きを向け、その現実をあるがままに知覚し、それに対する思考や感情にとらわれないでいる心の持ち方を指す。

マインドフルネスを実践すると、わいてくる雑念や感情をストップでき、今この瞬間に集中できるということです。過去のことも未来のことも考えず、「今」に集中することで、ストレスを軽減できるといいます。

「マインドフルネス瞑想」の実践方法

東洋経済オンラインの記事には、マインドフルネス瞑想の実践方法が書いてありました。

われわれが推奨する瞑想法は、「マインドフルネス瞑想」という実に簡単なもの。座禅を組む必要も特別なテクニックも必要としない。静かにゆっくり呼吸を続けるのがポイント。肩を楽にし、姿勢を整え、目を軽く閉じ、「今、この瞬間」に起こっていることに意識を向けるだけ。いちばん簡単なのは、自分の息に意識を向けることだ。

「吸って、吐いて」という、ゆっくりとした呼吸のリズムにだけ集中していくと、結果的に思考がしっかりと休まっていく。1日たった5分でいい。

これならすぐに実践できそうですね。朝の出勤前に5分間、マインドフルネス瞑想を取り入れるだけでも効果がありそう。

「朝5分瞑想するなんてできないよ」という方は、スキマ時間に実践できる方法があります。

スキマ時間でできるマインドフルネス

マインドフルネスは、何も目をつぶって行うものだけではありません。日常生活のスキマ時間に取り入れることが可能です。ハーバード・ビジネス・レビューでは、以下のようなシーンでのマインドフルネスの実践方法を紹介しています。

コーヒーを飲むとき

コーヒーを飲む前に、香りを楽しみ、マグカップの温かさを手のひらで感じ、意識的に3回呼吸をします。それからコーヒーを飲みましょう。

電車内にいるとき

5分ないし10分程度、呼吸に集中したりマインドフルネスアプリを使ったりして瞑想します。目は開けたままでも閉じたままでも良いです。

仕事する前

仕事を始める前に少し時間を取ります。そして、息を体内に吸い込み、吐き出す感覚に注意を向けるようにしてください。これを実践すると、仕事への集中力が高まります。

これらを習慣化すれば、8週間で脳に良い変化が表れ始めるそうです。

マインドフルネスというと、きちんと時間を取って実践しなければならないような気がするため、なかなか始められないという人も多いと思います。しかし、スキマ時間にマインドフルネスを取り入れれば、継続できそうですね。

禅とマインドフルネスは似て非なるもの

しばしば禅とマインドフルネスは似ていると言われますが、両者は別物です。現代ビジネスの記事では、マインドフルネスは何か「ご利益」のために行いますが、禅は何か特定の利益を求めるのではなく、それを実践すること自体が目的だとしています。マラソンを例にすると、マインドフルネスは「痩せること」「リフレッシュすること」が目的になると思いますが、禅の場合は「走るために走る」のです。「釈迦が何を悟ったのか」というところへ意識を向け、釈迦と同じように苦行を積むというのが、仏教や禅の本質と言えます。

私は以前、永平寺で3泊4日の参禅修行体験をしたことがあります。その時は「マインドセットを変えたい」という目的を持って参加しましたが、それは「マインドセットを変える」という利益を求めていたわけであり、禅の修行ではありませんでした。参加する前に、禅のことをもっと調べておくべきだったと後悔しています。もちろん、禅修行自体は大変有意義なものであり、3泊4日という短い期間でしたが、「今に集中する」という禅修行の基本に触れることができました。

注意:治療中の方は医師と相談の上実践してください

マインドフルネスは効果があるとされていますが、現在うつ病など心の病で通院している方は必ず医師と相談しながら実践してください。自分の判断で病院に通わなくなったり薬を飲むのを止めたりするのは非常に危険です。標準治療(大規模な臨床試験に基づいて効果の証明された、その時々の最も成績のよい治療法)に従った上で、マインドフルネスを実践するようにしましょう。

参考:NHKオンライン東洋経済オンラインハーバード・ビジネス・レビューマインドフルネスと禅、その決定的な違いは何か?(松山 大耕)

(安齋慎平)

EXILE / 三代目のLDHがウェディング事業に参入!結婚はゴールなのか?
2018.06.26

EXILEやE-girlsでお馴染みの株式会社LDH JAPANが新サービス「LDH Wedding」をローンチしました。LDHのファンクラブ会員から「結婚式をプロデュースしてほしい」という声から誕生した新サービスのよう…

もっと見る
Boseから「睡眠用」ワイヤレスイヤフォン発売
2018.06.21

いびきを打ち消してくれるって新しい! Boseのワイヤレスヘッドフォン系は満足度の高いノイズキャンセリング機能が付いているのが特徴ですが、新しく発表された「Bose noise-masking sleepbuds」は眠り…

もっと見る
ヘルスケアに関する最新情報を受け取る
公式facebookページ
ページの先頭へ